つわりで入院している妊婦のお見舞いに喜ばれる手土産や食べ物

身内や友達がつわりで入院しています。お見舞いに行くのに何か手見上げを持って行きたいのですが、つわりで体調が悪い時に何を持って行くと喜ばれるでしょうか?
妊娠悪阻で入院している妊婦さんに持って行く手土産は何がよいか悩んでしまうことって多いと思います。つわりは、「体調が悪い」と簡素に言える症状ではなく、においつわりや空腹つわりなどつわりの症状は様々で個人差がります。今回、つわりで入院した経験を踏まえて、つわりで苦しむ妊婦さんにどんな手見上げを持って行くと喜ばれるか記事にしました。

つわりの妊婦さんに喜ばれる手土産

ノンカフェインの飲み物

「妊娠中は、カフェインを控えましょう!」と言われるように、胎児のために妊婦さんは飲物に気を使います。(しかし、まったくカフェインを摂ってはいけないということはなく、制限されています。)

では、どうしてカフェインを控えた方がよいのか理由をまとめました。
妊婦さんのためによい飲み物とは何かの理由を知っておきましょう!どうしてこの手土産を選んだのか伝えることができれば、つわりで苦しむ妊婦さんも心がホットになりますょ(•ᴗ•)

妊婦中にカフェインを控える理由
・体内のカルシムを排出する作用があります。
妊娠中は、胎児の骨と歯を形成するためにカルシムをとる必要があります。カルシウム不足になると、母体に蓄積されたカルシウムが骨や歯から溶け出して、胎児に運ばれるため、母体の骨密度が低下していきます。そうすると、骨粗しょう症や母体に悪い影響を与えてしまいます。
・妊娠中の1日のカルシウム摂取目安量は1,000mgです。
(妊娠するとホルモン関係より腸管でのカルシウム吸収が1.5~2倍に増えます。)
・毎日、約150~200mgのカルシウムが胎児に送られています。
・タンニンや鉄分、ミネラルの吸収を妨げてしまう作用があります。
妊娠中は、胎児に酸素を運ぶ必要があるため、非妊娠に比べて血液量は約40~50パーセントも増加します。そのためにも鉄成分は、血液の原料で酸素の運搬に必要です。妊娠初期に鉄欠乏性貧血になると、切迫早産や胎児の発達の遅れなどを引き起こす可能性があります。
・妊娠初期1日摂取目安:20~21mg/日です。
(妊娠していない時と比べて約2倍の鉄の摂取が必要と言われています)
・胎児の臓器は未発達なためカフェインが貯蓄されてしまいます。
母体がカフェインを取ると、血液を通じて胎児に運ばれます。胎児の臓器や未発達のため、運ばれてきたカフェインを排泄できずに胎児の体内に長い間残ってしまいます。胎児の体に大きな負担をかけてしまう恐れがあります。
・妊娠中のカフェイン1日摂取目安:100㎎/日まで
そのため、妊婦さんへの手土産はノンカフェインのお茶や野菜ジュースなどにすると喜ばれます。
では、おススメのノンカフェインの飲物をご紹介します!

1たんぽぽ茶

たんぽぽ茶は、名前の通り「たんぽぽ茶の根や葉」を使って作れられるお茶です。コーヒーに似た味ですが、カフェインは含まれていません。むくみやお通じの改善、月経問題など女性特有のトラブルを改善する効能があり、女性の方が喜ぶ飲み物になっています。

*最近では、ティーバッグになったものがスーパーやドラッグストアで販売しているため、お気軽に購入することができます。ティーバッグなので、入院中でも妊婦さんは好きな時に煎じて飲むことができます。

2ルイボスティー

ルイボスティーは、南アフリカで育てられた「ルイボスの葉」を乾燥させて作られます。抗酸化作用により、肌の回復を促したり、シミやしわを予防したりとアンチエイジングによいとされています。また、妊娠中に必要なカルシウムや鉄などの栄養素が豊富に含まれていますが、飲み過ぎには注意し、1日1~2杯を目安に飲むようにしましょう。

*たんぽぽ茶と同様に、ティーバッグになったものがスーパーやドラッグストアで販売しているため、お気軽に購入することができ、好きな時に煎じて飲むことができます。

3野菜ジュース

つわりで食事が摂れないと、1日に必要な栄養素が不足しがちです。そこで、野菜ジュースを飲むことで必要不可欠な栄養素を補うことができます。つわりで食事が摂れずに、胎児に栄養素がしっかり届いているか心配な妊婦さんは多いものです。気をつけたいことは、市販の野菜ジュースには砂糖や食塩が入っていることがほとんどです。砂糖や塩の摂りすぎは、妊娠高血圧症候群のリスクが高まりますので、無添加、砂糖や塩が入っていない野菜ジュースを選ぶようにしましょう。

*食事の時に手軽に飲める紙パックだと、1パック当たりに含まれている成分や量も分かり、また飲み終わったらパックを捨てれば片づけをしなくて済みます。

かごんまのママ
「お茶」なら妊婦さんの飲めるかも!と思いがちですが、お茶にもカフェインが含まれています。飲み過ぎには注意しなければなりません。また、「ハトムギ」には子宮を収縮される作用がありますので妊娠初期~中期の摂取量には気をつける必要があります。お茶をお渡しする際には成分に注意しましょう!
飲み物を手土産にするときの注意点

病室の広さは様々ですが、冷蔵庫は小さめです。そのため、斜めに傾けたり横にしたりしても飲み物がこぼれないようにペットボトルやキャップ式の容器に入っているものにしましょう。

小さなパック式や1回の飲み切りタイプにすると、パックが比較的小さいため、病室の冷蔵庫に入ります。また、飲み終わった後に妊婦さんが片づけをしなくても済むので、つわりで動きたくないときにおススメです!

空腹時のおやつ

悪阻で食事が摂れないけど、おなかは空いてしまいます。また、悪阻のため、1度にたくさん食べることができない妊婦さんもおり、少しの量を何回にも分けて食べるようにしています。

そこで、ちょこっと食べられる果物やおやつのアイテムは妊婦さんにとって必要不可欠!

おススメの果物は次の通り。
その時期の旬の果物を届けてあげてね!(´ ꒳ ` )

1イチゴ、ミカン、バナナ

「ビタミンB₆を取り入れることでつわりが緩和される」ことを聞いたことがありませんか?実は、つわりを軽減するために点滴をしますが、その成分はビタミン剤です。イチゴやミカン、バナナは、妊婦さんが手軽に食べたい時に個数単位で食べられるので、お手軽で便利な果物です。また、ビタミンに加えて、妊婦さんに必要な葉酸も含まれています。

*イチゴ
いちごは、ビタミンB₆に続きビタミンCも豊富に含まれています。また、妊婦に必要な栄養素である葉酸が、
100g中に90μgも含まれているため、胎児や妊婦さんに嬉しい果物です。

*ミカン
同様に、ビタミンB₆に続き葉酸も豊富に含まれています。みかん100gあたり22μgの葉酸が含まれており、妊娠中に必要な栄養素を補うことができます。妊婦のビタミン必要摂取量より1日2~3個を食べるようにしましょう。

*バナナ
バナナ1本あたり約100g中に葉酸が26μg含まれており、妊娠中におけるビタミンB6の1日推奨摂取量の約30%(0.38mg)が含まれています。常温保管ができる果物なので、病室の冷蔵を圧迫する必要がありません。

2クラッカー

小腹が空いた時に、お手軽に食べられるのが、ドライフルーツが入ったクラッカーです。気をつけたいことは、原材料にサクサクとした食感を出すために使われるショートニングが入っていることです。お菓子やパン類などにはほとんど含まれています。そのため成分表を確認して、ショートニングやマーガリンなどのトランス脂肪酸が含まれていないクラッカーを選びましょう!

妊婦がトランス脂肪酸を控える理由
・低出生体重の可能性がでてくる
トランス脂肪酸は胎盤を通じて胎児に運ばれます。トランス脂肪酸は、必修脂肪酸の代謝を妨げてしまうため、胎児の体重が減ってしまう可能性があります。
肥満(内臓脂肪量の増加)
腸内の悪玉菌が増え、善玉菌が減る
今回、ショートニングが含まれていない「江崎グリコの毎日果実」のクラッカーをご紹介します。
*マーガリンは含まれていますので、食べ過ぎには注意しましょうね!
*「プル―&ブルーベリー」と「アップル&マンゴー」味の2種類が販売されています。

たっぷりのドライフルーツをパン生地でサンドし、しっとりと焼き上げました。ポリフェノール、食物繊維に加え、5種のビタミン、カルシウム、鉄が、1袋(3枚)当たり、1日に必要な量の1/6含まれます。※1日に必要な量は、栄養素等表示基準値を目安としています。

栄養成分表示1袋(3枚/標準22.5g)当たり
エネルギー 80kcal、たんぱく質 1.2g、脂質 0.9g、炭水化物16.9g、糖質 15.8g、食物繊維 1.1g、食塩相当量0.14g、カリウム 136mg、カルシウム 114mg、鉄 1.2mg、ビタミンA 129µg、ビタミンB1 0.20mg、ビタミンB2 0.24mg、ビタミンD 0.9µg、ビタミンE 1.1mg、ポリフェノール 40~140mg

※栄養成分は変わる場合がありますので、必ずパッケージの栄養成分表示にてご確認ください。
*上記、引用文にて一部の文章を省略しております。

原材料:レーズン、小麦粉、プルーン、砂糖、マーガリン、ブルーベリー、モルトエキス、イースト、乳糖、食塩、乾燥卵黄、果糖ぶどう糖液糖、水あめ、植物油脂、加工デンプン、炭酸Ca、香料、膨脹剤、乳化剤、ピロリン酸鉄、V.E、V.B2、V.B1、V.A、カラメル色素、V.D、(原材料の一部に卵、乳成分を含む)

3ヨーグルトやゼリー

ヨーグルトやゼリーもあっさりして妊婦さんが食べたくなります。気をつけたいことは、糖分を多く含んでいないヨーグルトやゼリーを選ぶことです。

糖分を摂取すると、血液中の血糖が上昇してしまいます。妊娠前は健康であっても、妊娠することでホルモンバランスにより血糖が上がりやすく、妊娠糖尿病のリスクが高まります。また単一味のヨーグルトではなく、フルーツやナタデココなど他の栄養素も一緒にとれるものを選びましょう!

*小分けされているヨーグルトやゼリーがあれば、妊婦さんの好きな時に量を調整しながら適量をたべやすくなります。

最後に

つわりの時は、食べたいものを食べても大丈夫な時期です。しかし、ママは、おなかの赤ちゃんに悪影響がない食べ物を食べるように心がけています。手土産も赤ちゃんやママの体を気遣う食べ物にしましょう。

病室では、冷蔵庫が小さいことがほとんどです。そのため、できれば常温保存が可能な手土産を持っていくとよいでしょう。また、つわりで辛い中、食べた後の片づけをするのは大変なので、片づけをしなくてもよいパックを選んであげると、妊婦さんの負担を少しでも減らすことができます。

手土産を選ぶ注意点
赤ちゃんやママの体によい食べ物を選ぶ
冷蔵庫が小さいため、常温保存が可能な食べ物を選ぶ
手軽に食べられ、片づけをしなくてもよいパッケージを選ぶ

選んだ手土産を妊婦さんに喜んでいただけると嬉しいですね!
つわりで苦しむ妊婦さんの体調が早くよくなりますように(*´∀`)♪
おしまい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事