開花を約束!「花芽の分化」を促す9・10月の紫陽花の育て方

強い日差しが当たらなった秋の季節は、紫陽花にとっても過ごしやすい環境下になりました。これから気温が下がり落葉を始めるまで紫陽花は休眠の準備を始めます。その一つに「花芽の分化」があり、この花芽が形成されるかどうかが来年に開花できるかの分かれ道です。しっかりとした花芽の形成ができるように9月から11月にかけて紫陽花の育て方や管理についてまとめます。

スポンサーリンク

9月:枝の充実を目指す

育て方の基本 -目的-

紫陽花にとって9月は来年の開花に向けて準備が始まる大切な時期なのです。花芽の分化が枝の内部で起こる10月に向けて枝のや株の充実をしなければなりません。

日差しが弱まる9月中旬頃は、日光によく当て光合成を活発に行うことでエネルギー貯蓄を行い、枝や株の充実ができるようにします。9月は気候的にも紫陽花が過ごしやすい環境のため、猛暑のストレスを癒すと同時にエネルギー貯蓄ができるような育て方をします。その育て方の一つが次のこと。

9月は猛暑の疲れを癒し、芽分化に向けてエネルギーを蓄えられるような樹木づくりを目指します。キーワードは栄養と健康

中旬から日当たりの良い場所へ

8月の猛暑も終わり、涼しくなるのが待ち遠しい時期ですが9月上旬までは暑い日中が続きますので、引き続き長時間の直射日光は避けるようにし半日陰で管理することがおススメです。この時期に水枯れや葉焼けをしてしまうと葉が傷んでしまい、光合成ができずに樹木にエネルギーを行きわたらすことができません。9月中旬頃からはだいぶ日差しも和らぐので遮光を気にせずに日当たりのよい場所で育てます。

追肥(液肥)を与える

鉢植えで紫陽花を育てている場合は、枝や株の充実を図るために追肥をします。特に液体肥料(≒液肥)は即効性がありますので、短期間で樹木に栄養を付けてもらうために液肥を10日に1回ほどのペースで施します。即効性肥料は与えすぎると逆効果で樹木が枯れてしまうこともあるので液肥の規定を守るようにします。

庭植えの方は、基本的に肥料を施しませんが、与えても大丈夫です。

病害虫から頂芽を守る

気温の低下に伴い、うどんこ病が発生しやすくなります。9月になり太陽の日差しの方位が変わってきます。そのため8月頃まではちょうどよい日当たりの場所でも9月にかけて建物や大きな木の陰になって日光に当たっている時間が短くなると同時に涼しくなりうどんこ病が発生する条件が揃ってしまいます。

8月の日焼け痕から炭疽病が悪化したり、病斑が感染拡大はしないけれども完治もしていない状態が続く場合もあります。

涼しくなった9月頃の時期に殺菌剤を散布してもあまり効果が見られないことが多いため、病気になってしまったら葉が落ちるまで待ち、落葉したら葉を拾って焼却するか袋にまとめて徹底的に除去します。しかし、これからの花芽の形成のため病気にならないように予防をすることが肝心です。

その他の病害虫にも気を付け、キレイな花芽を形成できるように管理します。

その他

〇植替え〇
9月中旬~10月上旬は、植替えができる時期になります。植替えで根を切っても葉が落葉する冬までに根が伸びてきますので、冬越し中にあまり根や株があまり傷みません。必要に応じて、一回り大きな鉢に植替えをしてあげるのも根詰まりの解消やミミズの除去ができ、紫陽花を元気にすることができます。

〇挿し木〇
9月中旬~下旬は落葉前で葉も茂っているため挿し穂の確保がしやすく、環境要因上発根する確率が高くなります。これからは挿し木ができる時期になります。しかし、5~6月の挿し木とは比べて注意が必要です。挿し木をしたら10月までは軒下に置きます。11月以降は昼は屋根のある野外、無加温の窓側(光が差し込む明るい場所)に置き、冬を乗り越えます。挿し木ができる9~10月ですが、親株から挿し枝を切ってしまうと来年開花するための花芽まで摘みとってしまうため、できる限り控えるとよいです。

挿し木が100%発根する最もよい時期や方法についてまとめています。

どうしても挿し木をしたいという方は、もう少し寒くなってから休眠挿しをすると成功しやすいです。

 

〇剪定〇
花芽ごと切ってしまう可能性もあるので剪定はしない方がいいです。

10月:花芽の分化が枝内部で進む

育て方の基本 -目的-

朝晩冷え込むようになる10月頃、気温が15℃以下になると紫陽花は成長を止め、枝の内部で花芽の分化に向けての準備が行われます。花芽の分化は12月頃まで続きます。9月に引き続き芽分化の準備期間になります。10月は成長を穏やかにストップさせ、枝内部の芽分化をより一層、促し進めていきます。

10月は葉や枝の成長ではなく芽分化に集中できる環境を整えてあげましょう。

日光に当て光合成をする

10月の日差しはだいぶ和らぎ、日照時間も短くなっていきます。紫陽花は日当たりのよい場所で管理します。

追肥はしない

芽分化を始める時期は、肥料は施さないように注意します。この時期に肥料を施すと枝や葉だけを伸ばします。肥料の持続的効果が効きすぎると冬の休眠期に入るまで枝を伸ばしてしまいます。気温が下がるため、新しく伸びた枝は堅く締まることができずに枯れてしまう傾向があります。つまり、10月に入って伸びた枝は冬の寒さで傷みやすくなり、特に厳寒期に枝が割れてしまうことがありますので、10月は肥料を施さないようにします。9月に粒上の肥料を撒いて残り粒がたくさん残っていれば取り除いてあげると安心です。

その他

〇植替え〇
基本、植替えをしません。寒くなり根の成長も停止もしくはゆっくりになっています。植替えでキズついて根が回復せずに、枯れ込みの原因になってしまいます。

〇挿し木〇
挿し木ができるけど枯れることもあり、頂芽には花芽の分化が進んでいるので剪定をしてしまうとこれから形成されるはずである花芽まで摘みとってしまいます。

〇剪定〇
9月同様に、花芽まで剪定してしまうので行わない方がよいです。

スポンサーリンク

最後に(まとめ)

9月と10月の紫陽花の手入れについて下記の通りにまとめておきます。

【9月】光合成・追肥
☆ 9月は芽分化前の準備期間
・光合成をよく行う
→上旬は遮光を意識しつつ日光に当てる
→中旬から直射日光に徐々に当てる
→下旬は十分に日光に当てる
・水枯れや葉焼けに注意する
・肥料を施す
→液肥を7~10日に1回施すとよい
【10月】光合成・肥料は与えない
☆ 10月は枝の内部で芽分化が進む(15℃以下)
・光合成を十分に行う
・肥料は施さない

夏が終わったら、紫陽花は来年の春にキレイな花を開花するための準備をコツコツを進めていますので、気をつける栽培コツを身につけて紫陽花が育ちやすい環境づくりができるといいですね。
おしまーい╰(*´︶`*)╯

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事