2歳児の登園拒否を乗り切るためにママが実践する支度のコツとは

早いと1歳6か月頃から始まるイヤイヤ期。2歳になるとはっきり「イヤ」と答えてくれるんですよね・・・。特に、朝の支度準備は出勤前や子どもの登園など、ママにとって一番忙しい時間帯なのでその時間だけでも、すんなり言うことを聞いて欲しいだけど、一筋縄にはいかないのが「魔のイヤ期」で悩んでしまうもの。今回、朝の支度準備で子どものイヤ期をどう乗り切り、時間通りに保育園に登園しているのかをお伝えします(笑)

スポンサーリンク

子どもの言葉にヒントがある

我が子は起床と同時に言うフレーズがあるんです!

それは、「アンパンマン!見たい。」

面白いことに目をつぶったまま、口だけが動いています。そして、次に発する言葉は
「枕さん!枕さん!どこ?」

最後に・・・
「ミルク!飲みたい」とのこと。

脳のメカニズムの仕組み上、子どものイヤ期はやってきます。どう乗り越えるかはママの気持ちの持ちようもあるかもですが、ちょっとだけ子どもの言葉に耳と心を傾けてあげるとママの大変さもなくなるかも(^^)
2歳児の我が娘ちゃんが欲求しているのは3つあって、アンパンマン、愛用枕、おいしいミルクなんです。このご要望を叶えてあげるとお利口さんになるときも╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ.もちろん、ママと一緒に時間を過ごしたい気持ちもあり、保育園に行きたくないこともありますけど(笑)

子どもの欲求を満たす

アンパンマンのTVをつけてから起床

我が家は本格的な起床時間になると、録画していたアンパンマンをONするです。子どもにとってテレビは有害であまり見せない方がイイって言われるけど、朝は15分だけ見せちゃいます!

アンパンの音楽が始まる頃に、娘ちゃんを起こしてあげると、早速、アンパンマンのオープニングソングに反応し、お目めが薄っすら開き始めます。ここでクリアできる課題が、起こした時に不機嫌にならないことなんです。たまに、起こすと不機嫌になって泣いたり眠たくてぐずったりすることがあり、もちろんその後には「アンパンマン!見たい」と欲求されているのですが・・・。どのみちアンパンマンを見ることになりますねぇ。アンパンマンの歌が大好きなので、大好きな音楽を聞けて満足そうな娘ちゃんなのです。

テレビに子守をさせているわけではないんだけど・・・まぁ。一つの手段の一つになっていることは確かな事実(*゚。゚)もちろん、アンパンマンのテレビをつけなくてもで子どもが自ら起きてくれる時もあるし、ご機嫌でママより早起きすることもあります。起床時間になると毎日、テレビをつけているわけではなく、朝遅刻しそうなぐらいに「ちょっと、アンパンマンに気を取られててね」という感じですね。。(テレビ禁止ママからは反発きそうだけど・・・アハハハ(^^;)

*関連記事~今後の投稿予定記事~*
・テレビが2時間だけ!有害だと感じた子どもの行動とは

起床と同時に枕を渡す

起こしてすぐに好きな物を子どもに渡してあげること!我が家では、起こすときに娘ちゃんの大好きな枕を事前に探しておきます。大好きなぬいぐるみでもOK

寝るときは枕としての機能を果たしているので頭元に枕はあるのですが、寝相が悪いので朝には枕がどこか別な場所に行方不明な時があるんですよね。起床と同時に娘ちゃんに枕を渡してあげます。すると、「枕さん、あった~♬」と大喜びするんです。枕がないと「枕さん、ないょ。」とぐずってしまうので、起床後機嫌よく過ごしてもらうために枕は必需品アイテムなのです。

枕事情

娘ちゃんは枕が好きで、枕を抱っこしたまま保育園に登園します。朝から寝るまでずっと枕とお友達で一緒にいて、離すことがないんです。入浴の時以外はほとんど枕がどこにあるのかを確認しておかないといけないぐらい枕好き。やっぱり、匂いで落ち着くのかな(*´∀`*)

だから、起きてすぐに枕を抱っこすると落ち着く娘ちゃんなのです。枕がないと泣いちゃいます。
起きたと同時にお気に入りの物を渡してあげるだけで、ハッピーになっちゃいます。

(追記)
ついに、入浴するときまで枕を持ってくるようになりました。お風呂場でパパに髪の毛を洗ってもらっている娘ちゃんの胸元には枕があり、パパができる限り濡らさないように頑張っているけど、やっぱり濡れてしまって・・・ついには浴槽に入るときまで離さないんです(^^;そして、ママは娘ちゃんと枕さんを抱っこして浴槽で温まることに。最終的に、お風呂から上がるときまでずーと枕を抱っこしていた娘ちゃんでした。そして、自分より先に枕をタオルで拭いていました。その後、枕の行く先は洗濯機のもとへ。

*関連記事~今後の投稿予定*
・子どもが枕が好きな理由とは。片時も離したくない真相

2歳児だけどミルクが大好き

枕の次に欲しいのが「ミルク」。甘くておいしいミルクが恋しいのか2歳になってもまだ飲み続ける娘ちゃん。2歳ちょっとしてから歯みがき前のミルクはやっと飲まなくなったけど、まだ朝は飲みたいらしいのです。

話が変わって寝る前に与えるミルクですが、2歳1ヶ月頃迄は、就寝前の歯みがき前に200ml飲んでいたんです。子どもが悲しまず自然とミルク離れをさせるかをママは少しだけ「もうミルクは卒業して欲しいよね」って焦っちゃうかもですが、子どもへの声かけで自然と「ミルクいらないよ。」って子どもが言ってくれるようになるんですよね。

*関連記事~今後の投稿予定記事~*
言葉一つで「ミルク飲まないょ」と卒業できるまでの子どもの気持ち

さて、話をもとに戻してミルク好きな娘ちゃんは2歳3カ月だけど、朝だけはまだミルクが手放せないらしいのです。まして、コップはイヤで、ミルク瓶じゃないと満足してもらえません。コップで渡すと「コップはイヤ。」と手で払い除けてしまい洋服が汚れてしまったこともあるぐらい。コップではなくミルク瓶で飲みたいんです。本当はミルク瓶で飲ますのは歯並びの関係上、NGだから、辞めさせないといけない年ごろですが、どうしてもミルク瓶で飲まなきゃ気が済まないらしいので、少しだけミルクを作って飲ませてあげています。ミルク瓶は自分で持って、自分で飲んでますね・・・(・ω・`)イイのか悪いのか分かんなけど・・・ミルク缶には3歳までの分量が書いてあるからまだミルクを与えていい成長期間だと思ってあげていて、泣かずに朝をクリアできているのでまぁ~順調に身支度の準備がクリアできているという想定範囲内―かな。。

*関連記事~今後の投稿予定~*
哺乳瓶は歯の整形を悪くするのは本当!嘘!その理由とは。

ミルクを飲みながら、アンパンマンを見て好きな服にお着換え

そして、朝のお着換えでもイヤイヤが発動します。なぜか着替えたくない娘ちゃん。もしかして保育園に行きたくないのかな・・・と心配するママですが、アンパンマンが始まると、すぐに着替えさせてくれます。アンパンマンに夢中になっている間に着替えさせようとするママの魂胆なのですが、アンパンマンを見ていても着替えている途中で「イヤ」が発動するときがあります。我が家のコーディネートは基本、シャツを着せてから1枚カットソーを着せるのですが、シャツを1枚着たら次の洋服は着たくないようなのです。なので、朝のお着換えのお洋服は、子どもが大好きな服を準備し、できる限り1枚もので1日を過ごせるような記事や機能性がある洋服を着せるようにしています。2歳になると洋服の好みがでてきて、残念なことにママが着て欲しいと思う服を着てくれないこともあります。これもイヤ期の一つなのかな・・・。

朝は、洋服を数枚並べて、娘ちゃんに「今日はどんな可愛いお洋服を着たい?選んでいいよ。」と子どもが服を選べるようにしています。

娘ちゃんは「えーと。え~と。」と悩みながら、好きなお洋服を選んでいます!選んだ服は着てくれるみたいだから( ´艸`)

前ボタンをつけるお洋服は娘ちゃんがチャレンジします!その時ばかりは子どもはアンパンマンを見ないで熱心にボタンをつけようと小さな指を試行錯誤しながら動かしています。たまに「できない!」と悲鳴を上げていますが、ボタンをつけるときだけはママはサポート係なのです。

*関連記事~今後の投稿予定~*
ボタンをつけられる年齢とは?練習はどのくらい必要なの

スポンサーリンク

お手軽な朝ご飯を準備する

お着換えとミルクを飲み終わったら、簡単に朝ご飯を食べさせます。ミルクを飲んでいますが、ミルクと朝ご飯は別ものらしいのです。それはそれでちゃんと栄養を取ってくれるので良いのですが、朝は身支度で忙しくママの朝食時間もゆっくり確保できないもの。だけど、子どもにはしっかり食べてもらいたい。

夕食みたいにボリューム感ある朝食を食べるには料理する時間や余裕がないし、我が子は量もそんなに食べないので、簡単に「小さなおにぎり」を作ってラップと銀紙でくるん子どもに渡してあげます。

その時にかけてあげたい言葉があり、それは「おいしいおにぎりだよ」と子どもに伝えることです。すると子どもは「わぁ~。おいしいおにぎりだぁ。やったー」と喜んで食べてくれ、ママは気持ちも時間的余裕も生まれ、一緒におにぎりを食べています!もちろん、たまには例外もあって「おにぎり!いらない」と拒否されることもありつつですが(涙)

だいたいお着換えまでスムーズにクリアできれば、4分の3ぐらいの身支度がスムーズにクリアできたかな・・・という具合です。最大の難関は、どのくらい短時間で玄関を出ることができるかなのです。

興味ある物で玄関に誘き寄せする

さて、アンパンマンが終わる頃・・・子どもは言います「アンパンマン!見たい。お外はいかないよ。」と。アンパンマンを見せるデメリットは、アンパンマンアンコールが叶わず泣いてしまうことなんですが、その時は次のアイテムで娘ちゃんの気をひきつけます。

娘ちゃんにとって次の関心あるアイテムは靴か雨靴か傘なのです。こんなアイテムが子どもの気を本当に引くかどうかというと何ともいえないけど、なぜか興味があり近寄ってきます。玄関からリビングにいる「外にでたくない」娘ちゃんにちらつかせ玄関まで引き寄せます。そして、靴を選べまたコーディネートタイム(今日、履きたい靴を選んでもらいます!)を作ってあげると、娘ちゃんは「こっちの靴がいい」と靴を自分から靴を履いてくれるのです。もちろん、選択肢にある靴はお気に入りのアンパンマンの靴なのですが。

靴に興味がない日は的確に「保育園に行くよ!大好きな枕さんはどこ?」と話しかけてあげると、また枕を探し始め、見つけ次第、握ったまま玄関に来てくれます。たまに欲張っていろんなおもちゃを握りしめてきますが・・・・。宝探しをしているのか、宝物でもある枕が見つかってご満足のご様子ですんなり玄関に着てくれます。そして、靴を履くや否やまた行動がストップするので、「抱っこしようか?」と聞くと「イヤ」というので、玄関の外にママがでて「行くよ~。お外は気持ちいいよ」って声をかけてあげると、一時すると自分で玄関からでてきます。そして、車にトコトコと向かってくれるのです。

チャイルドシートに乗りたがらないとき

あるある話だと思うのですが、チャイルドシートに乗りたがらないという定番の話題。車内に乗ったところでハンドルに興味を示して乗りたがらない時や、チャイルドシート自体に乗りたがらない時。そんな時のために、予め用意した飲むヨーグルトやチーズを娘ちゃんに「これ!おいしいよ。飲む?」と言って渡してあげると、食べるためにチャイルドシートに座てくれます。座ってくれたらあげるのですが、最終手段は食べ物で誘導しちゃってます(笑)

食べ物で誘導したら健康管理ができないよ!?とか、よくない習慣がついちゃう・・・とか気になってしまうところですが、子どもにとって「朝」って心が不安定なところもあるんじゃないかなと思うんです。だって、子どもは分かっているんだもん。「今から、保育園に行かないといけなくて。ママと離れてしまう」っと。そんな心理の時に、嫌がる子どもを無理やり、チャイルドシートに抑えつけてシートベルトをしたくないんだよね。だから、ある程度のことは妥協しているし、まだ「ママは仕事に行かないといけない」という理由が2歳児には理解できないことも多々あるので、その理屈を押し付けるわけにはいかないんだよね。

気持ちよくチャイルドシートにのれるようにママがちょっとだけ子どもの気持ちを理解して、その気持ちを叶えてあげるとスムーズにチャイルドシートにのってくれることにつながるんじゃないかなと。

飲むヨーグルトもチーズも保育園に行く通園中に車の中で食べ終わってくれます。たまに、食べ終わらない時もあって、園の駐車場で食べるのを待っている時もあります(^^;食べ終わりが遅い時は、次の日は、通園中の時間帯で食べ終わる量に調整して渡します!チョコレートなら、小さな目のチョコレートとかね。

最後に(まとめ)

まだまだ2歳児には、子どもの気の向くままに、そして気が済むまで。そして時間が許す限りママは子どもの望みを叶えてあげることが大切な時期なんですよね。これから子どもは保育園や幼稚園で1日、ママといない時間を頑張って過ごさないといけないんだから、朝の時間ぐらい子どもの思いととおりに過ごさせてあげたいものです。わがままというよりは子どもにとって一つの甘えなんです。たくさん、甘えさせてあげて(´∀`∩

朝の支度準備がスムーズにいき、安心して保育園に登園してくれる環境を作ることは、ママにとって子育ての一つの難題でありどうクリアするのか工夫が必要な時もあるものです。その時期も、一時なので、今だけと思って、これからも朝の忙しい時間帯を乗り越えていきましょうね。出勤前の朝の支度時間は忙しいですが、我が子の性格や現状に合わせて、子どもに寄り添える時間になるといいですね。

ラクラク保育園に登園するコツ
子どもの心をハッピーに満たしてあげること
➡満足度の充実
朝のわずかな時間ですが、子どもが欲求していることをママが傍で与えてあげるだけで、満足し次の行動にでてくれます

2歳児は、アンパンマン、愛用枕、ミルクでしたが、1歳児のころは愛用枕、車や家の鍵、おもちゃなど年齢や興味に応じて、子どもが持ち歩くものや好きな物、関心がある物などが変わってきます。傘を買った初めは、晴天でも傘をさして保育園に行きましたし、好きなぬいぐるみや手提げかばんがあればそれをぶら下げて登園したり、お箸やシャボン玉なども持って登園したんですよね。ママは朝、子どもがご機嫌に登園できるようにあらゆる手を使っているものです。そのためには、今、子どもが何が好きでどんなことに興味を惹かれるのかなどママは把握しておくことが大切ですね。

おしまーい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事