赤紫陽花は「アルカリ性」で育つ、土づくりと肥料選び

赤アジサイの花色は、土の酸度が「アルカリ性」であることが一つの条件となっています。紫陽花の中でも、特にアザレア系はその影響を受けやすく赤色の紫陽花を咲かせることができます。今回、赤アジサイの花色を咲かせるための育て方をお伝えします。

*アザレア系とは、外国で品種改良され逆輸入された紫陽花のことで、別名:ハイドランジアとも呼びます。紫陽花の個々の品種名ではなく、日本原種の紫陽花と外国で品種改良された紫陽花を分かりやすく区分するために、外国で品種かいりょうされた紫陽花の総称で親しまれています。

スポンサーリンク

赤紫陽花の育て方

日本では赤アジサイやピンクアジサイの花色を楽しむためには、育て方にひと手間かけて工夫をしてあげることが必要です。そのひと手間とは、土壌や肥料成分を「アルカリ性」に近づけるということです。

どうして、アルカリ性だと赤色になるの?という質問は、こちらの記事にまとめています。

それでは、赤色やピンク色の紫陽花を育てるために「アルカリ性」の生育環境を整えるための土づくりや肥料選びのコツをご紹介します。

アルカリ性」土つくり

土づくりの配合比率

アルカリ性の土は、日本の土壌の性質から判断すると土づくりを意図して調整しなければなりません。使いたい土は、赤玉土小玉、腐葉土、パーミキュライト、苦土石灰の4種類です。バーミキュライトの代わりにパーライトを使ってもOKです。ポイントは、アルカリ性に傾く「苦土石灰」を混ぜることです。

アルカリ性の土づくり≪配合土の比率≫
・赤玉土小玉      5
・腐葉土        4
・パーミキュライト      1
苦土石灰  1kgの作った土に1.5g

腐葉土の性質

腐葉土は、植物の葉っぱを原料として不完全に発酵させている土のことです。腐葉土のphは、基本的に弱酸性です。しかし、製造過程で苦土石灰(くどせっかい)を入れたり、均一に発酵が進んだりする腐葉土は、アルカリ性に傾いており、アルカリ性よりに傾いている腐葉土が販売されています。

Point通気性、排水性、保水性、保肥性に優れています。

苦土石灰の性質

苦土石灰(くどせっかい)は、「ドロマイト」と呼ばれる岩石を使いやすいように粒状にした肥料で炭酸カルシウムと酸化マグネシウムが主な成分です。苦土石灰、炭酸苦土石灰、炭苦土など別名がついていることがありますが、どれも同じ意味と効能です。
*苦土はマグネシウム、石灰はカルシウムのことを指します。

Point1kgの用土に苦土石灰が1.5g含まれているとpHが約0.5上がり、土壌がアルカリ性に傾きます。

 

赤アジサイの土を購入する

苦土石灰の使い道が限られていたり、土づくりの配合が難しい方や予算的に高くついてしまう方は、赤アジサイ専用の土が販売されておりますので、すでに調整済みの土を購入するのも一つの手です。

もし、近くのお店で赤アジサイ専用の土が販売されていない場合は、オリーブの土もおススメです。オリーブの土はアルカリ性でよく育つため、オリーブ専用の土はアルカリ性仕様に調整されています。

赤アジサイは、アルカリ性に傾くように調整した土に植えるということでした。では、次の章では肥料の選びについてまとめていきます。

スポンサーリンク

肥料の選び方

肥料は土づくりのようにいろんな性質の種類を調合して作るわけではないので販売されている製品から選んで施肥(しひ:土壌に肥料を施すこと)していきます。

肥料の配合比率

元肥も追肥も「アルカリ性」に傾くようにします。特にリン酸は、熔成リン肥(ようせいリンぴ)を施します。一方でカリウムの割合や量が少ない肥料を選びます。

アルカリ性に傾く肥料≪配合肥料の比率≫
*用土1Lに対しての割合
・熔成リン肥 1g
・緩効性化成肥料 2~3g

熔成リン肥ってあまり聞きなれない名前だと思います。「リン」って名付けられているからリン酸のことだよね?とイメージできますが、熔成リン肥の性質について簡単にまとめました。熔成リン肥はリン酸の中でも優秀な肥料なんですよ。元肥で使うとより効果を発揮します。

熔成リン肥

熔成リン肥(ようりん)は不溶性のため緩効性のリン酸肥料です。水に溶けにくい性質のため有機物や微生物の働きや弱い酸と接触することにより緩やかに溶ける(≒「く溶性」)のため、長期にわたって根から吸収されます。これは、「接触溶解吸収」と呼ばれており、他のリン酸肥料には見られない特徴があります。特にリン酸は土の中を移動しにくい性質も兼ね合わせているため、熔成リン肥は効果が現れるまで時間がかかります。熔成リン肥はりん酸、けい酸、苦土、石灰がバランスよく含まれており経済的に仕様も便利です。アルカリ成分である苦土、石灰の割合が約50%含まれているので土壌をアルカリ性に傾けます。

*く溶性:各成分が弱い酸性に溶けること
*熔成リン肥:リン酸20%、ケイ酸20%、その他・鉄10%、アルカリ50%(内、苦土15%)

赤花専用 赤アジサイの肥料

アミノール化学研究所が販売している「赤花専用 アジサイ 専用肥料」は小さな粒状の肥料になっており400g入っています。スプーンに適量とって追肥します。また、入り口はジッパーになっているので肥料の管理もしやすいのでおススメです。窒素:リン酸:カリウム:苦土がN:P:K:MgO=5:12:5:8で配合されています。これは、100g中に、窒素が5g、リン酸が12g、カリウムが5g、苦土が8g含まれているという表示です。アルカリ成分である苦土が配合されています。

赤アジサイ肥料

JOYアグリスが販売している「赤 アジサイの肥料」は肥料量が600g入っています。肥料粒でコロコロしているため手で一握りして与えます。値段はお手頃価格なのが嬉しいところ。窒素:リン酸:カリウムがN:P:K=3:4:6で配合されています。100g中に、窒素が3g、リン酸が4g、カリウムが6g含まれているという表示です。

赤アジサイに関する豆知識

赤アジサイを咲かせるためにこれまでアルカリ性の土づくりや肥料の選び方をお伝えしてきました。ここで着目していただきたいのは「アルカリ性」の土壌に改良した場合、どんなメリットやデメリットがあるのかを考えていきたいと思います。メリットは、紫陽花の花色を赤色に変えられるということですがデメリットもあるので、気を付ける豆知識をまとめました。

豆知識1

土壌条件が中性~アルカリ性だと銅、亜鉛、鉄、マンガン、ホウ素が欠乏しやすく、特に鉄欠乏症になると葉が黄色くなりやすいので過剰にアルカリ性の肥料を与えたりせずに、肥料の裏面に書いてある分量の規定を守るように施肥することが大切です。

 

関連記事:詳しい鉄欠乏症の記事をアップする予定です。今しばらく、お待ちください。

豆知識2

アルカリ性の土壌で育てたからと言い、すべての紫陽花の種類が赤色に咲くことは難しいです。冒頭でお伝えしたとおり、特にアザレアやハイドランジアと呼ばれる外国の風土で育って輸入された紫陽花は比較的その効果を発揮し紫陽花の花が赤色になります。日本原種の紫陽花もアルカリ性土壌で赤色に変わるかもしれませんが、完全なる赤色ではなく藤色だったり薄いピンクだったりすることもあります。それは、紫陽花そのものが持っている遺伝子ともいえる品種の特徴があるとも言えます。

土のPH測定器

赤アジサイはアルカリ性の土壌に改良するため、必要な微量成分が吸収されずに紫陽花の生育不良や障害をもたらすことがあります。そのためにもどのくらいのアルカリ成分の中紫陽花が生育しているのかを管理するのも大切です。本来自然の力で弱酸性になる土壌を人の手でアルカリ性にしているわけなので、今後の管理もひと手間かけて育てていく必要がありそうですね。

最後に(赤アジサイの写真)

アルカリ性の土壌にするためには、苦土石灰を混ぜ、肥料には熔成リン肥を施すことがポイントでした。ただ、アルカリ土壌にすると生育に悪影響を及ぼすこともあるので、使用する分量は規定を守り適切に使用していきたいですね。赤アジサイやピンクアジサイが咲くと、人目を止めるほど魅了されるので、ひと手間かけた赤アジサイが咲いてくれるのが待ち遠しくなります。

 

おしまーい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事