青紫陽花を咲せたい!「酸性」に傾く土づくりと肥料選び
日本の園庭や公園、道端に咲いている多くの紫陽花は「青色」もしくは「藤色」をしている景色が多いと感じるのではないでしょうか?特に人の手を加えていない自然環境下で青色に咲く一番の理由は、日本に降る雨の影響で土壌が「酸性~弱酸性」だからなんです。今回、“土壌の酸度『酸性』”に着目して青色を発色する紫陽花の育て方をお伝えします。
スポンサーリンク

青アジサイの育て方

アジサイの花を「青色」にする秘訣は、冒頭でお伝えした通り、ズバリ「酸性」です!!紫陽花が育つ環境をできる限り酸性に傾けてあげることなんです。弱酸性にすると藤色(紫色)に変色します。具体的に青紫陽花に変色する育て方は酸性の土で育てて、酸性傾向の肥料を追肥(適切な時期に根本に肥料を追加しながら蒔くこと)で与えることがコツです。それでは、キレイな青アジサイを咲かせるために次の章から土壌つくりと肥料選びについてお伝えします。

「酸性」の土つくり

土づくりの配合比率

自分で、一から手づくりで酸性に傾いた土を配合する方法があります。土壌を酸性にして、土壌に含まれるアルミニウムが株に吸収されやすい環境を作ってあげる必要があります。使いたい土は、赤玉土の小玉、ピートモス、腐葉土、バーミキュライトの4種類です。バーミキュライトの代わりにパーライトを使ってもOKです。土づくりのイメージは酸性に傾きやすい「ピートモス」を混ぜることです!

酸性の土づくり≪配合土の比率≫
・赤玉土小玉     5
・ピートモス     3
・腐葉土       1
・バーミキュライト    1
次に、使いたい土達の性質を簡単にお伝えします。

赤玉土の性質

赤玉土とは、関東ローム層(関東平野の火山灰層のこと)の赤土のこと赤玉土のことでph6.0弱のため弱酸性の土になります。なので「酸性」の土壌にするには適した土になります。

Point肥料成分がなく菌が寄り付きにくい清潔な土で、
通気性、排水性、保水性、保肥性に優れています。

Point時間が経つと、赤玉土の粒が崩れていない赤土に戻ってしまうデメリットがあり土の質が変化し、排水性が悪くなり根腐れを起こしやすくなる傾向があります。その時は、植え替えをして定期的に土を入れ替える必要がでてきます。

※備考※
*通気性:空気を通す性質
*排水性:不要な水を出す性質
*保水性:水を保持できる性質
*保肥性:栄養分を保持できる性質
*赤玉土と同じ性質で、鹿沼土があります。違いは、赤玉土は弱酸性に対して鹿沼土は酸性という点です。

ピートモスの性質

ピートモスとは、水気の多い場所で育った植物を細かく砕いて乾燥させた土で、酸性の土になります。そのため、水苔やシダ類、コケ類のため、10~30倍にまで膨らみ水分を貯めこみます。

無調整のピートモスはpH3.8~4.8程度で強酸性、調整済みのピートモスはpH6.0前後で弱酸性の土になります。pH6.0前後の弱酸性である調整済みのピートモスを使いましょう。強酸性のピートモスでもよいのですが、強すぎる酸性は植物に害をもたらしやすいので、弱酸性の土を使い、追肥で酸性に傾くように調整していきます。

Point保水性・保肥性があり、土を柔らかくする効果があります。

Pointピートモスは、乾燥しすぎると撥水性をもってしまい、水分の吸収率が落ちます。

※備考※
*撥水性:水をはじく性質
*ピートモスを使うと栄養分を吸収できないことがあり、花が小さくなる可能性がある。

腐葉土の性質

腐葉土は、落ち葉をミミズなどの虫や微生物が長時間かけて分解し、枯れ葉が腐敗し土のように変化した堆肥の一種になります。腐葉土を混ぜることで土全体に微生物が増え、植物の成長を助けるふかふかの土にしてくれるのです。多少葉の形が残っているので「通気性」「保水性」がよく、微生物により「保肥性」が生まれます。ただ、混ぜる比率には注意する必要があります。通気性がよいので、たくさん入れ過ぎてしまうと水の通りがよくなってしまい、水の吸収率がよくなりすぎ水を保持する力が弱まってしまいます。紫陽花は水をたくさん欲しがる植物なので、水はけが悪くなると根詰まりをしますがある程度、土に水を保持・維持できる土壌が好ましいです。腐葉土を入れ過ぎてしまっても土全体に対して30%以下で入れ込むとよいです。

バーミキュライトの性質

バーミキュライトの主成分は、酸化ケイ素、酸化マグネシウム、酸化アルミニウムで、マグネシウムやカリウム、鉄分を微量に含んでいます。含有成分が土に溶け出すことはなく、バーミキュライトは中性の土になります。

Point保水性・保肥性・排水性のバランスが良く、多孔質なので通気性が良いため、根に酸素が行き渡りやすく、根腐れを防ぐことができます。

Point構造上、多孔質なので断熱性・保温性に優れているため、夏の暑い気候のときには断熱、冬の寒い気候のときには保温してくれる性質があります。

Point比重が軽く(通常の土の10分の1程度)、土壌の軽量化ができ、高温で焼成しているので無菌です。

青アジサイの土を購入する

土づくりが苦手な方や少量の土で植替えが足りる場合は、すでに酸性になっている土を買ってみてはいかがでしょうか?青紫陽花専用の土もあり、手間が省け便利です。

また、青アジサイの土が近くの園芸店や総合店で販売されていない場合は、酸性に傾いている土で代替えしても大丈夫です。例えば、ブルーベリーの土は酸性なので、ブルーベリーの土を使っても大丈夫です!

酸性に傾く性質の土づくりが終わったら、次は肥料の選び方です。

スポンサーリンク

肥料の選び方

肥料の配合比率

「酸性」に傾くように肥料を選びます。特に、カリウム(硫酸カリ等)やアルミニウム(ミョウバンか硫酸アルミニウム)を含んでいる肥料を施します。硫安や過石、硫酸カリ、塩化カリなどpHを下げやすいため「酸性」になる傾向があります。

酸性に傾く肥料≪配合肥料の比率≫
*用土1Lに対しての割合
・過リン酸石灰 1g
・硫酸カリ   1g
・緩効性化成肥料2~3g

過リン酸石灰

過リン酸石灰(過石)は水溶性のため速効性のリン酸肥料です。成分は硫酸石灰。水に溶けやすいですが、リン酸は土の中を移動にしくいのですぐに根まで届きにくいことを念頭においておきます。ほぼ中性なので土壌のPHを調整する作用はありません。

硫酸カリ

硫安カリ(硫加)は、水溶性のため速効性のカリ肥料です。紫陽花が肥料分を吸収した後、副成分の硫酸により土壌が酸性に傾きます。

青花専用 青アジサイの肥料

アミノール化学研究所が販売している「青花専用 アジサイ 専用肥料」は小さな粒の肥料になっており、スプーンに適量とって追肥します。また、入り口はジッパーになっているので肥料の管理もしやすいのでおススメです。窒素:リン酸:カリウムが100g中にN:P:K=6g:8g:5gで配合されています。

青アジサイの肥料

JOYアグリスが販売している「青 アジサイの肥料」は肥料量がたくさん入っています。肥料粒でコロコロしているため手で一握りして与えます。値段はお手頃価格なのが嬉しいところ。窒素:リン酸:カリウムのが100g中にN:P:K=4g:7g:7gで配合されています。

青アジサイに関する豆知識

日本の雨が弱酸性であり、その要因もあり土壌が酸性に傾きやすいなっているため、野外で育てた場合、青アジサイに変色しやすいといえます。しかし、土壌の微量な成分により藤色になったり、薄い青色になったりする傾向があるのも事実。そのため、真っ青な青色(ブルー)を咲かせるには、土壌や肥料で調整するのが確実です。そしてもう少し情報をお伝えしたことが次のこと。

豆知識1

コンクリートやブロック沿いに植えないこと
コンクリ―トやブロック塀の傍に紫陽花を植えると、花色がピンク色や赤色に変化しやすいです。セメントの材料である石灰岩の影響で、土壌がアルカリ性に傾くためです。

豆知識2

青アジサイとして土づくりも与える肥料も用意ができたらほとんど青色の紫陽花を咲かすことができますが、より確実に青色にするポイントは、蕾が大きくなったころにミョウバンやカリウムが多く含まれている液肥を与えることです。粒剤肥料より液肥の方が肥料の吸収に即効性がありますので、液肥を選びます。肥料は元肥(植える時に、すでに入れておく肥料のこと)も必要ですが、追肥をすることで花色をさらに調整していきます。

土のPH測定器

育てている紫陽花が、今どの程度の酸度なのかを知りたい方は「PH測定器」を一つ持っていると、酸性度と水分量の2種類を測れます。雨が降ったり、肥料を与えなかったりするとphの値が変わってきますので、ph測定器で紫陽花の育っている今の環境を知ることができます。ph測定器はどんな種類でも問題ないので使いやすいものが見つかるといいですね。

最後に(青色アジサイ写真)

紫陽花の花色を変えることは、品種元来の花色が固定されていますので難しいと言えますが、その品種の色味に沿った育て方をすることで、紫陽花の魅力を最大限に味わうことができます。

日本の土壌や雨の環境的要因上、主に青色紫陽花になりやすいですが、土や肥料にひと手間かけてみるのも紫陽花ならではを育てる楽しみの一つです。

おしまーい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事