持ち物で使い分ける記名グッズ4選-短時間で綺麗に仕上げる-

保育園や幼稚園に通うときにママのやるべきことの一つは「名前書き」。油性ペンで書くとインクが滲んだり字が読みにくかったりします。他に何かいい方法がないのか模索をしているママに、筆者が愛用しているグッズをご紹介します。これで「持ち物=名前」というママの苦労を半減できますよ(^^)時間がない時でも名前を書かなきゃ!ママの宿題を簡単に短時間で終わらせることができる便利グッズです。

スポンサーリンク

スタンプ

商品名:おなまえ~る入園セット

特徴

印鑑はんこSHOP「ハンコズ」が販売する「おなまえ~る入園セット」は、保育園や幼稚園を卒業しても長く使える代物です。19点セットは黒とピンクのパステルインクが入っていて、20点セットになると白色も含まれています。パステルインクは市販でも購入ができるますよ。スタンプコーナーや文具店に行くと500円ぐらいで販売されています。使い勝手がよく洋服の表示ラベルや靴、オムツなどに使用できます。洗濯をしても雨でも落ちない傾向にあります。

使い道

オムツ

「おなまえ~る」を購入した一番の目的は、オムツの記名です。大きなスタンプが平仮名で用意されていますので、オムツ記名用のスタンプとして愛用しています。朝忙しい、支度準備の中でも短時間でオムツに記名をすることができます。黒色とピンク色のインクははっきりとしていて、スタンプをしてもにじむことがなく分かりやすくはっきりとした色です。文字のサイズもちょうどいい大きさで見やすいです。ただ、200枚近くを猛スピードでいっぺんに押すと、木材性で四つ角があるスタンプなのでたまに手が痛くなることも(^^;

オムツの前にスタンプしています!

 

洋服・スタイ・靴

洋服の表示ラベルに押せるちょうどいいサイズのスタンプです。洋服に限らず、スタイや靴、ハンカチなどの表示ラベルに押せるスタンプです。最初はスタンプではなく洗濯機で洗っても剥がれないシールを洋服の表示ラベルにアイロンで貼り付けていたのですが、やっぱり何度も洗っていると名前シールが剥がれてしまったり、アイロンの熱が強すぎて溶けてしまったりしたんです。さらに剥がれたシールが落ちてしたり、別な場所にくっついていたりで掃除も大変(^^;)そこで、スタンプを使用していると洋服に記名する悩みや苦労が減ったんです。シールみたいに剥がれる心配もないですし、アイロンを使用しないので溶けたりせず、時間をかけずに押すだけで記名ができちゃうんですよね。

ピンク色はスタンプの押し方が弱かったかな
反射で薄色に見えますがはっきりとした色です

 

シール

商品名:タグ用お名前シール

特徴

「お名前シール★ラボ」が販売する「タグ用お名前シール」は、洋服の表示ラベルに貼れる以外にも、プラスチック製の歯ブラシやコップにも貼ることができる優れもの。スタンダードシートは4サイズで157枚入りなんです。筆者はスタンダードシートを注文しています!選べるデザインは300種類もあり豊富なので好きな絵柄を見つけられますよ。名前だけではなく、クラス名もシールに組み込むことができます。

 

使い道

コップ・歯ブラシ

スタンダードシートには小サイズ(23×7mm)、中サイズ(20×10mm)、角サイズ(20×20mm)、丸サイズ(18×18mm)があり、小さな歯ブラシにも貼れるんです

 

お箸

お箸にも貼っています。(紹介していませんが、傘の持ち手にも貼っています)2歳児ぐらいになると自前のマイ箸を持って行く保育園もあり、特に補強が必要な時期は自宅から持参がほとんどだと思います。お箸やお箸ケースにもお名前シールを貼っています

 

ついでにお箸の紹介をします。保育園に持っていくマイ箸ですが、ケースがついていると衛生的に安心で、子ども達もケースに入れた状態で持ち運びますので、振り回したり握っていたりしてもケースつきですと、安全です。ピンクと青がありますので、お好きな色をチョイスできます

 

 

今までの記名グッズはアイロンを使用しないものでしたが、次から紹介するグッズはアイロンを使うアイテムです。

スポンサーリンク

ワッペン

商品名:カタチの名札「お花」

特徴

女の子は可愛らしく、男の子は優しい雰囲気を醸し出す「お花のワッペン」です。ちょっとお値段高めかもしれませんが、大きさ的に使用する持ち物も限られてくるので枚数は少なくても大丈夫!だけど、普通の名前シールやスタンプでは賄えきれない大きな持ち物やワンポイント何かつけたい時に、役立つんですよね。アイロンで一度、つけると洗濯機で洗っても取れないですし、アイロンの熱で伸びたり縮んだりしませんので簡単に気軽につけることができます。生地の色と名前の色を選ぶことができるので、持ち物にとってアレンジできそうですね。デザイン性満点です!

使い道

お布団・帽子・かばん

お布団の表示タグに名前を記名するのもよいのですが、園によっては一目で見て分かる所に記名をして欲しいというところもあります。そんな時に役立つのがワッペンです。その他、チャームポイントの一つとして帽子に貼り付けたり、かばんに使ったりすると一目瞭然、誰の持ち物かが分かりますよ。

敷き布団、毛布の左上にワッペンを貼り付けています!

 

フロッキー

商品名:フロッキーネーム

特徴

フロッキーネーム「ね~むっこ®」はアイロンで約15~20秒圧着させ、冷えたらゆっくり剥がすとふっくらと立体感がでてきます。刺繍をしたかのようにキレイな仕上がりになりますよ。

フロッキーはひらがな、カタカナ、漢字、ローマ字に対応し、文字サイズ6mm角でブラック、ホワイト、ピンク、ブルーの4種類から選ぶことができます。製造会社である「ね~むっこ®」は創業昭和57年と名前シールの老舗で熟練の職員の手による日本製の素材を使用し、国内生産しています。昔からママ達に愛されているアイテムであることが伝わってきます。

使い道

靴下

靴下の名前書きが一番、難しいんですよね。名前を書く札を取り付けている靴下はそう多くは販売されていませんし、布のため油性ペンでも書きづらく、さらに子どもの靴下は小さいサイズなので、名前シールやワッペン等貼るとお気に入りの絵柄が隠れてしまいます。絵柄が隠れないようにと足裏は見えないからと書いたり貼ったりしたくなりますが、足裏なので擦れたり破れたりするため名前を書く場所として適切ではありません。そこで、活用したいのがこのフロッキーネームなんです!張る場所はかかとより上の部分がおススメです。かかとより上であると、洗濯後に干してても名前をすぐに確認でき誰の持ち物かが分かります。このね~むっこ®フロッキーネームは漂白剤にかけても色落ちすることも剥がれることもありませんので、洗濯の回数が多く漂白剤をよく使用する靴下にピッタリです。

左靴下には苗字を、右靴下に名前を貼り付けています。

 

マスク

もう一つ、おススメしたいのがマスク。子どもにマスクを持たせたり着用させて登園してもすぐに、取り外してしまうんですよね。靴下と同様に子ども用のマスクは小さいですし、顔につけるものなので綺麗に記名をしたいものです。そんなとき活躍するのが、フロッキーネームなんです。マスクの裏側に着けてあげるだけで、くっきりとしたキレイな仕上がりです。手づくりマスクで名前を刺繍するのが大変だったり、短時間で終わらせたい時にアイロンで貼り付けるだけなのでママの作業も簡単です。

手づくりマスクの裏生地です!

 

最後に(メリット・デメリット)

名前を記入したくないママ達もいるかと思いますが、筆者は記入する方なので、短時間で見栄えよく記名ができるアイテムをご紹介しました。黒ペンで記入しても大丈夫ですが、グッズを使用するメリットとデメリットをまとめます。

グッズのメリット
①短時間で記名ができる
②見た目がキレイ
③見栄えがよい
④誰が見ても読める
⑤分かりやすい表記
⑥半永久的に使える
グッズのデメリット
①お金がかかる(出費が増える)
②商品が届くまで1~2日、1週間ほどかかる
③消費したら追加で購入する手間がかかる

記名をするためにグッズを使うメリットとデメリットをまとめましたが、いかがでしょうか?

グッズを揃えるかどうかの一番の悩みは、お金がかかるということだと思います。しかし、記名がキレイにでき、「名前を書かなきゃいけない」という手間や時間の負担を軽減する目的では、アイテムをそろえると簡単に短時間で記名をすることができます。洋服を追加で購入したり、新しい持ち物を園に持って行くときなど、手軽に記名ができると身支度もラ楽チンですよ!布生地なのかプラスチック製なのか、また持ち物の大きさによって記名するシールやスタンプ、ワッペンなど使い分けると、素敵な仕上げりになりますよ!

是非活用してね。
おしまーい。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事