花後は節の中間で剪定しないで-挿し穂用に切った親株の枝の行方-

親株から挿し穂をカットした後や花後の剪定をした時に、切られた親株の枝が枯れてしまうのか枯れないのかをまとめました。どこで剪定したら、今後の親株の生育を正常に働かせることができるのかを1年かけて調べました。

スポンサーリンク

親株の主幹を剪定した切り口

花後の親株を剪定した切り口は、瑞々しく誰が確認しても問題がない幹だと判断できます。

 

幹の切断面がこの状態になっている条件をつけるとしたら、今年伸びた新しい幹であること、まだ木質化が進んでいないこと、初めて剪定をしたことでキレイな髄が保たれていたことです。

投稿予定記事:樹木の木質化とは?

幹の状態がこのままずっと維持できればよい株に育ちますが、剪定で幹にキズをつけたり、乾燥や時間とともに枝の老化も進みます。その時の枝の姿や状態をよいコンディションに持って行くことが樹木を丈夫に長生きさせるよい育て方です。

主幹から枝分かれをしている、枝を剪定する場合はブランチカラーを意識して剪定をしその後、カルスが形成される切り方をすれば樹木の枯れ込みや傷みを最小限に防ぐことができます。

紫陽花の咲き方は、主幹の先端に花をつけます。その花を剪定する場合、主幹なので1本の太い幹です。枝分かれをしている剪定法は理論的に通じないので、一体、どういう切り方をしたらよいのか、解説を進めていきます。

主幹を剪定する場合、脇芽付近の枝本で剪定した場合と、脇芽と脇芽の中間(≒節の中間)の位置で枝を剪定した場合の2パターンに分かれます。
(分かりやすい写真の準備ができ次第アップしますね。)

枝本付近で剪定した場合

枝本付近で剪定した場合、防腐剤を塗布した場合としていない場合の枯れ込みを比較します。

塗布なし

花後、枝本で切りすぎて枯れ込んだ枝

花後の剪定をする際に、脇芽ぎりぎりで剪定をした枝の名残です。ちなみに、左側の脇芽は伸びて枝も充実していますね。すでに木質化も進んでいます。

どこまで枯れ込んでいるのか、主幹に影響を与えない程度で、切ってみます。枯れ込みが見られる枝ですが、左側の脇芽も伸びて元気にしていて樹木の生存に影響はないので、特別、取り除かなくても大丈夫なんですよ。今回は特別にこの花後に切った枯れ込み枝がどんな感じなのかを調べてみます。

 

枯れ込みが進行。主幹際で緑色が見える

枯れ込みが進んでいます。腐敗菌は茶色でスカスカになるので、木材腐敗菌ではなく乾燥が進んでいます。手前側の切り口にはかすかに緑色が確認できます。これは栄養分を運ぶ木部と水分を運んでいる師部が機能している証拠です。

 

花後の剪定をして、その切り口に防腐剤を塗っていない枝の枯れ込みは進んでいましたが、なんとか樹木が侵食を防いでいました。樹木に体力があり元気だと枯れ込みを防ぐことができると言われています。

塗布あり

花後の剪定枝に防腐剤を塗布した枝

花後の剪定後、すぐに防腐剤を塗った枝です。写真は、落葉後の2段階剪定の時期です。全体的に木質化が進んでいて、両枝も細く、冬芽が充実していなかったため剪定することにしました。防腐剤を添付した枝の髄がどのようになっているのか二つに割って確認をしていきます。

 

 

 
枯れ込みがないもしくは進行が遅い

切り口は防腐剤で保護されていたため、髄が乾燥せずに茶色くなっていませんでした。キレイな髄で木部も師部も鮮やかな緑色をして機能していることが分かります。

考察

枝本付近で剪定をした髄の枯れ具合について、防腐剤を塗布しなかった場合、切り残された節(節の区切まで)枯れが進み、脇枝がある節を境目に枯れ込みの浸食を食い止めていることが分かりました。節を境目に枯れ込みが抑えられていたのは、今がそうあるだけで、時間が経つにつれて枯れ込みが進む可能性もあります。また、この枝は樹木の力があったため、浸食を食い止めることができたかもしれません。結論、塗布しないと枯れる可能性があるということです。一方で、防腐剤を塗った残り枝は、枯れ込みがありませんでした。

花後の剪定を5~6月に行いますので、半年以上は経過している枝なので今後も枯れ込みが進むことはないでしょう。

花後の剪定時期はこちらにまとめています。

スポンサーリンク

節の中間で剪定した場合

今度は、節の中間で剪定した時の、腐剤を塗布した場合としていない場合の枯れ込みを比較します。

塗布なし

節の中間で剪定して残った枝

「花後、上から何節目で切ってね!」と示している記事は多いと思いますが、ではその節間のどの部分を枝をどれくらい残して切ったらいいのか分からず、悩みながら切ることも多いものです。節の中間で切ると、残り枝を長くしてしまい、時間とともに枯れ込んでしまいます。

長い残り枝を途中で切ると、枯れが進行しているのが分かります。

 

節の分岐点まできましたので、枝全体を2等分に割ってみます。

 

節の分岐点まで枯れ込みが進行する

節の分岐点まで枯れ込みがあるものも、基部に向かって枯れ込みはなく木部や師部が機能していることが分かります。節を中間で剪定した場合、残された長い枝は枯れ込むことが分かりました。

塗布あり

記事、準備中。

考察

塗布ありの記事までまとめてから考察を書きますね!
今しばらく、お待ちください。

最後に(まとめ)

今回の総まとめの考察として、花後の剪定をするときは、節の切り残しを短くして防腐剤を塗ってあげることが枝を枯らさない切り方であることが分かりました。

剪定で切り残された枝が枯れてしまうのか生き続けるのかには理由があります。分かりやすく伝えると、枝を生き延びれない状態にしてしまっていることです。それは、枝の中で、水や栄養分の循環が機能せずに、枝の存続に必要なエネルギーなどを運び届けられないことが原因です。枝が生きるために必要なものを届けるにはどういう切り方をしたらよいのかは、カルス形成の理論と同じなんです。カルスの形成ができる枝の状態、生命活動が維持できる枝がどんな状態だといいのかを知ることが必要です。

投稿予定記事:剪定枝が枯れないカルス形成の理論とメカニズム

おしまーい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事