3歳児健診の発達検査と問診内容とは-○○を事前練習しよう!-

3歳以上4歳未満の時期に自治体で3歳児健診(幼児健診)があり、身体発達・認知能力・言語能力を保護者からの聞き取りと保健師と子どものやり取りの中で確認が行われます。今回、3歳児健診を受けた時の発達検査と問診内容をまとめます。

保健師さんと子どものやり取りの中で、ママが「我が子はできるかな・・・」と少し焦った内容もあります。分かっていれば練習させたのに(>_<)と思うことも。
スポンサーリンク

聴覚・視覚検査(自宅)

3歳児検診の案内が届き、驚くことは検診前までに自宅でしなければならないことがあることです。15分ほどあれば終わる簡単なチェックで「聴覚検査」「視覚検査」「問診票の記載」です。

聴覚

子どもの聴力障害は、重度であれば親や周囲の方が気づくことが多く比較的早いうちに発見される傾向がありますが、軽度な症状は発見されにくく気付かないでいると言葉や心身の発達に大きな影響を及ぼす可能性もあります。聴覚検査は、大きな音ではなく小さな音が聞き取れるかどうかです。基本は自宅でする検査で健診会場では実施することはありませんでした。

市町村の案内文に同封されてきた自宅での検査の仕方を指示通りに行い、耳に関するアンケートにできた、もしくはできないのチェックをする形式です。

検査の一つに犬や靴、傘、ゾウなどの絵が描かれた用紙があります。1m離れた親子間で親が小さなささやき声で「犬」と伝え、「犬」を聞き取った子どもが絵を示して伝える内容です。

 

耳に関する問診内容は次の通りです。

≪耳について≫
お子さんは呼んだら返事をしますか
話しかけたとき、聞き返すことが多いですか
テレビの音を普通より大きくして聞きたがりますか
片方の耳が聞こえにくいと思うことがありますか
中耳炎に頻繁にかかりやすいですか
話し言葉がおかしい(おくれている)ですか。
 言葉の数が少ない、どもる、何を言っているのか他人に分かってもらえない、全く話さない等
現在の耳鼻科受診、受診歴の有無
親族による耳の障害
子どもの妊娠中による母体の高熱の有無
おたふくかぜの有無

問診項目「テレビの音を普通より大きくして聞きたがりますか」の質問は、「はい」にチェックしました。当日の健診では保健師さんに「好きな番組は大きな音で聞きたがるからね~」と言われ、特に問題視されませんでした(*^^*)
次は、視覚検査です。

視覚

産まれたばかりの赤ちゃんの視力は弱いですが6歳ぐらいになると大人並みの視力がついてきます。遠視や斜視などが原因で視力の発育が止まって弱視になる可能性もあり、また片方の眼に弱視があっても子どもは「こっちの眼は見えない」という意志表示をすることは少ないと言えます。3歳児になると指標が読めるようになりますので早期に弱視を発見するために検査をする良い時期と言えます。

検査セットには、片目を隠せるお面(パンダ)と練習用指標(C)が同封され、検査方法の指示も分かりやすく説明されていました。子どもにお面をつけて、親と子ども間の距離は2.5m離れます。練習用指標(C)を使い、輪の切れ目の方向がどこなのかを「上、下、左、右」で子どもに答えてもらう検査です。練習用指標は大、中、小と3種類ありました。

視力検査は視力を図る目的がありますが、指標を読み込む読解力、輪の切れ目が分かる理解力、母親の質問を聞き取れる力、2.5m離れたところで待っていられる落ち着き力や忍耐力、質疑応答ができるコミュニケーション力や言語数、伝達力も確認することができます。

目が見えている安心感に加えて、3歳になると上下・左右を答えられる理解力にびっくりしました(*^^*)
一度の検査でうまくできなくても何回か繰り返すと上手にできるようになりますので、日をかけて検査してみるとよいです。
では、当日の健診内容をご紹介していきます!

身体・健康チェック

身長・体重

毎回の検診で行う身長・体重チェック。洋服を脱いでパンツ一枚で測定します。3歳児になると自分で洋服を脱いで、保健師さんの指示に従って身長と体重を計ることができます。

母子手帳に記載がある、幼児身体発育曲線に沿って子どもの身長・体重の目安を保健師さんが教えてくれます。身長・体重には体質や日頃の生活環境や食生活なども関係していますが、個人差もあるため極端な差がなければ気にすることはありません。

体重が増えないお子さんは多いと思います。数カ月で体重が増えることはないので毎年少しずつ成長していればそれでいいんです。

検尿

健診会場で検尿コップが渡されました。健診時間内にトイレに行き検尿を行い蛋白質、血糖、潜血の検査を調べます。結果は母子手帳に記入されます。

スポンサーリンク

問診

確認項目(保健師)

各母子を保健師さんが巡回し、自宅で記入した問診票に沿って確認がありました。問診内容をまとめます。(市町村によって問診内容に差がありますのでご参考までに)

≪体について≫
現在の気になる症状の有無
ひきつけの有無
≪生活習慣について≫
靴を1人で履けますか
洋服のボタンをかけられますか
日中おしっこがひとりでできますか
箸やスプーンを使ってこぼさず食べることができますか
生活のリズムを教えてください
 就寝時間、起床時間

テレビを見る時間は1日どれくらいですか

≪運動発達≫
足を交互に出して階段を上がれますか
三輪車をこぐことができますか
ハサミを使って紙を切ることができますか

30㎝の高さから飛び降りることができますか

≪言葉≫
自分の名前(性・名)が言えますか
ほぼ不自由なく話すことができますか

「大きい犬がいるよ」と3語を話せますか

≪社会性≫
怪獣ごっこやおままごとなど役割を持ったごっこ遊びができますか
うまくできなくても、なんでも自分でしたがりますか
友達とやりとりしながら一緒に遊びますか

お子さんの好きな遊びは何ですか

≪事故防止≫
今までに何か事故がありましたか
⇒誤飲、水の事故、やけど、転落

事故防止のために何か対策をとっていますか

≪育児≫
お子さんの様子や行動できになることはありますか
落ち着きがない/かんしゃくがひどい/機嫌が悪くなると立ち直りにくい/気持ちが切り替えにくい/言葉が遅い/その他
子育てやお子さんのことで心配なことや相談したいことはありますか

子育てに関して相談したり協力してくれる人はいますか

≪お母さん・お父さんの状況について≫
母親、父親の喫煙の有無
3歳から4歳頃迄の多くの子どもは「他の子どもから誘われれば遊びに加わろうとする」ことを知っていますか
お母さんはゆったりとした気分でお子さんと過ごせる時間がありますか
父親は育児(子育て)をしていますか
お子さんに対して育てにくさを感じていますか
この地域で今後も子育てをしていきたいですか
お子さんのかかりつけ医の有無
かかりつけの歯科医の有無

生活スタイル

問診では、子どもの生活スタイルの確認がありました。歯みがきの方法、歯を磨く時間、うがいの方法(ブクブクができるのか、ガラガラができるのか、練習中、水を含んで出す等)乳歯の状態、仕上げの方法と習慣、仕上げ磨きの時間、フッ素の使用有無など、多様な確認項目がありました。

栄養・食事

問診内容の中で一番詳しく聞かれたのは栄養や食事の面でした。3歳児になると食事の偏食や好き嫌いがあり、体に取り入れる栄養素のバランスや歯を強くするために母親に知ってもらうため指導が入ります。

幼児の食品のめやす量(1日分)
 

子どものお口より大きなものを食べさせてくださいと言われました!噛みつく力や前歯の強化、お口の筋肉を鍛えるみたいです!チキンバーがおススメ。

発達検査

3歳児の発達検査ではどんなことをして、子どもがどこまでできるのか心配になると思いますが、日々の遊びの積み重ねで意外と子どもは期待に応えてくれるものです。できなくても今後、練習をしていけばそれでよいので焦らず見守る心構えが大事です。発達検査は子どもが集中できるように個室で行われます。

試験で言えば、学力応用テストみたいな気持ちですね。

質疑応答・言葉の発達

保健師さんが子どもに質問をして、子どもの理解力や伝達力、コミュニケーション力、言葉の数や、喋り方を確認していました。

質問内容はこんな感じ。

≪質疑応答≫
○○ちゃんはここまでどうやって来たの?
誰が運転したの?
お腹がすいたときどうするの?
眠たいときはどうするの?
寒い時はどうするの?
お名前は?
何歳?
保育園は通っているの?
どこの保育園?
保健師さんの質問以外にも子どもは想像を膨らませたり、思ったことや感じたことを話してくれる場面もあります。1つの質問に対して1つの答えを伝えなければならないということはないので、子どもが自由に答えている様子を見守ってあげましょう。

少し言葉に丸みを帯びてしゃべりますね。可愛く話しているのかな。と保健師さんにそれとなく優しく指摘されましたが、まだ3歳で練習はこれからでそこまで気にする必要はないです。大人のようにしっかり喋れたらコワいですから(*^^*)

積み木・色・数の理解

保健師さんが積み木を用意して、子どもに色や数、バランス感覚や平衡感覚を確認していました。

質問内容はこんな感じ。

≪質疑応答≫
保健師さんが積み木をビルのように高さをだして積み重ねて
○○ちゃん、この中で上はどこ?/下はどこ?/何色?
何個ある?
たくさんの積み木の中から
〇個、この手にのせてくれる?
コレと同じ形になるように積み木を作ってね。
ビルのように高く積み下られるか、複雑な積み木の重ね方ができるかを実践
子どもが積み方を見えないように保健師さんが積み木を隠して、なにやら積み木を重ねていました。
5秒後に公開された積み木の重ね方がこちら
 

 

保健師さんが「この積み木と同じになるように作ってね」と子どもに語り掛け、子どもが真似をしながら組み立てていきます。

「できない!」と言いながら頑張っています
 

今まで積み木遊びをたくさんしていてよかったと思った瞬間でした。我が家で使っている積み木のご紹介をします!

積み木のご紹介
昔、1歳児健診の時に積み木を使っているのを見て、きっと今後も同じ積み木を健診で使うのではと思い、木製で四角形や楕円型の積み木を自宅で購入することにしたんです。今、3歳児ですが1歳児から飽きることなく遊べる必修アイテムです。
購入したのはこちらの積み木です!
子どもが作った積み木「蛇」らしい
高く積み上げても危なくない
この積み木のメリット・デメリットをまとめます。
メリット デメリット
木製なので肌触りがよい
消毒液で殺菌ができる
三角形3つで四角形が作れる
手の平サイズ感で握りやすい
積み木数が少ないけど楽しめる
片付けに場所を取らない
上蓋がないため平置きのみ
下箱は木箱で壊れない
投げた時は危ない

いろんな積み木がありますが、長く愛用でき少ない積み木で複数の形があり音もでたりと工夫がされています。基本色もついているので色の変化も楽しめ、使い勝手がよく収納場所を取らないです。

次、買うならコレ!子どもに遊ばせたい積み木

さて、話をもとに戻して積み木の次は書く力の検査でした。

お絵描き

保健師さんが子どもに用紙と鉛筆を用意してお絵かきや鉛筆握りの出来具合を確認していました。

質問内容は次の通りです。

≪質疑応答≫
×と〇を書いてね。
×を二つ、〇を三つ書いてね。
鉛筆握りの練習をしていてよかった!
 

重さ比べ

見た目は同じペットボトルが2つ用意されていました。両手でペットボトルを持ち、どちらが重いのかを確認する検査を行いました。

顔の表情

非表情力の理解として、2つの女の子のイラストが用意されていました。保健師さんが子どもに「笑顔はどっち?」「悲しい顔はどっち?」と質問して、指差しで答えられる内容になっていました。

内科健診

内科健診では、お腹や喉、関節の動きを確認するぐらいであっさり終わります。

歯科健診

歯並び・虫歯

歯科医の診察があり虫歯や歯並びを確認されていました。3歳児で指しゃぶりがある場合、前歯に影響が出てくるようですが、おしゃぶりは永久歯に影響しないとのことでした。空き歯の場合も特に指摘はされないことが多いです。

虫歯になりにくいおやつの選び方を教えていただきましたので、ご紹介します!保健師さん曰く、歯磨きの習慣化や親が仕上げをすることが肝心とお話されていました。

虫歯になりにくいおやつの選び方
 

歯みがき指導・舌の動き

歯磨き指導では、実際に子どもが歯磨きを行い、親が仕上げをします。唾液検査もあり、唾液のPHより虫歯になりやすいかどうかを教えてくれます。歯磨き指導では子どもの下の動きも観察していました。歯磨き指導で、歯ブラシとデンタルフロスを使いました。自宅でもデンタルフロスを使って歯間を掃除してあげましょう!とのことでした。

健診で使用した歯ブラシ(極細とフロス)
 

フッ素化合物の塗布

最後にフッ素化合物を歯に塗りました。フッ素化合物を塗った後は、30分間はお水も飲まない方がよいとのことでした。

人気な歯磨き粉のご紹介
お店に行くとキャラクターやアニメの歯磨き粉を子どもが欲しがると思います!最近は味もバリエーション豊富ですよね。歯医者さんでも販売している「歯科用フッ化物&キシリトール配合歯磨剤!フッ素滞留性が120%に向上!」の歯磨き粉をご紹介します。

口コミでは、歯科で買うより安く、味も3種類あるので子どもが選びながら楽しく歯磨きをしてくれる定番とのこと。
我が家では歯磨きしたご褒美にフッ素入りタブレットを食べさせています!子どもは「お薬ちょーだい」と言って毎日喜んで欠かさず食べています。ネットより市販で購入した方が安いのでお買い物に行ったついでに探してみてね

最後に(まとめ)

幼児健診は時間がかかものと分かっていますが、3歳児健診はやっぱり2時間ほどかかりました。長かったけど、保育園の同じクラスのお友達も同じタイミング健診だったため、健診の合間はお友達と仲良く遊んでいました。親しいお友達と関係性を気づきながら楽しく遊んでいる様子を見て、健診で引っかからないことと合わせてホッとしました。

関連記事
今まで保育園問題で転園をした方がよいのかなと悩んでいた時もありましたが、子ども同士が遊んでいる風景は園での様子そのものなんだと感じ、園で楽しく過ごせお友達づくりもできているということも分かりました。転園しないと決めた目的や理由が間違っていなくてよかった。一度でも転園を悩んだママ達に是非読んで欲しい記事です。

感染症対策で親子1組につきシートが用意されていました。健診終了後は子どもが自ら片付けをしていました。

シートの片づけは巻くことを
知っていたみたい

 

 

文末になりましたが、今までの「積み木遊び」や「お絵描き」「毎日の歯磨き」「歯科医受診のフッ素塗布」子どもの疑問や問いかけに丁寧に答えて「お話するのって楽しいね!」を日々の生活の中に取り入れていてよかった(*'ω'*)と感じた3歳児健診でした。当たり前のことかもしれませんが(。。)ゞ・・・ただ、働くママやパパにとって、子どもに十分な時間を費やすことが難しかったり、寂しい思いをさせてしまっていないかなど不安になったり、一方で一緒に過ごしてあげる時間が少ないことでできないことや与えられていないことが多いんじゃないかと考えることがあると思います。健診を受けると「子どもって、すくすく成長していくんだな。」と安心することができますよ。

そういう意味でも、健診って大事なんだよね。

おしまーい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事