6月開花後の紫陽花は剪定が必要!花終わりの見極めと剪定のコツ

紫陽花は咲いたら、自然と花を落とすことができない植物です。「秋色あじさい」として楽しむ方法と剪定をして来年用の開花株として充実させる方法の2つの育て方に分かれてきます。今回は、来年の開花に向けて、今季の紫陽花を楽しみながらいつ、どの枝のどこの箇所を剪定した方がよいのかをお伝えします。

スポンサーリンク

花終わりの見極め方

植物は花を咲かせることで体力(エネルギー)を消耗しています。翌年も開花させるために、株の体力低下を最小限に抑えて、花が満開を迎え終わったらできる限り早めに花が咲いた枝を剪定することが大切です。

紫陽花は剪定をしなければ、「秋色あじさい」として秋まで花色の移り変わりを楽しめますので、いつが花の終わりなのかの見極めが分かりにくく、花が残った状態にしがちです。しかし、長い間、花をつけたままだと、新しく伸びる枝(脇芽)が充実せず適切な時期に芽分化ができないので、花が終わったら剪定をして株が栄養(エネルギー)を蓄えられるように手助けしてあげることが必要です。

剪定をするかしないかは、育てている方の目的や紫陽花が育っている環境もありますので、剪定をする理由はさまざまです。

では、紫陽花の花終わりのタイミングは次の3つをご紹介します。

剪定のタイミング
装飾花が裏返ったとき
②不稔花が咲いたとき
③花色が変わったとき
具体的に写真でお伝えしますね。

装飾花が裏返ったとき

装飾花が裏返ったら、基本、花終わりです。

用語解説装飾花(そうしょくか)…紫陽花のガクと呼ばれている部分

用語解説不稔花(ふねんか)…ガクの中心にある花で、装飾花の花は小さく受粉しません。

しかし、咲いて間もない紫陽花の花が裏返ってしまったときは単なる水枯れの可能性もありますので、水をたっぷりあげましょう。その他考えられることは、枝が細かったりそねったりすることで花の重さに耐えられず花房が裏返るときもあります。その場合はまだ開花終わりではないので剪定をする必要はありませんが、株の基本原型の姿を保てず負担がかかってしまうので、剪定してインテリアとして紫陽花を飾って楽しむのも一つです。

装飾花が裏返る様子はたびたび見かけるので、花終わりである決定的な根拠として見定めるのは難しいかもしれません。そんなとき、次の花終わりの見極め方をお伝えします。

不稔花が咲いたとき

不稔花が咲いたら、満開の証拠です。
花(装飾花)の中にさらに、花(不稔花)が咲いていてキレイな状態です。不稔花を近くで観察すると一段とキレイで、紫陽花の魅力を一段と引き立ててくれます。この不稔花が満開になった状態でしばらく鑑賞しておくのもよいでしょう。しかし、花終わりの証拠なので、剪定をした方がよい時期になります。

不稔花が咲いたとしても、それでもまだ花を楽しめるので、紫陽花の花終わりの決定的な根拠として断定をするのが惜しいところです。ただ、そろそろ、剪定をしないといけない時期が到来です。それが、次に紹介する紫陽花の変化です。

花色が変わったとき

「花色が変わってしまったとき」は紫陽花の花終わりです。多少色が変わったぐらいでもその花色の変化が好きで花を残してもう少し紫陽花を楽しみたい気持ちになりますが、数日後には花びらが茶色く変色をしてきますので典型的に「紫陽花の満開が終わってしまい、花終わり」と断定できます。

花終わりですが、冒頭でもお伝えした通り「秋色あじさい」を楽しむなら、「花終わり」なんですが残しておいてその後の紫陽花の変化を楽しむのも一つの育て方です。(秋色あじさいとして育てると来年の開花は期待しない方がいいです)

次に、剪定する枝の位置や注意点をお伝えします。

剪定する枝の位置

紫陽花は、今年伸びた新枝に蕾を付けて、来年開花します。そのため、今年伸びて新枝になるはずだった脇芽を切り落としてしまうと、来年は開花することができません。挿し穂として挑戦したい方も剪定箇所は失敗したくないですね。紫陽花は基本、開花後と落葉後の2段階剪定で株を整えていきます。上手な挿し穂を確保するのであれば、3段階剪定(開花後の剪定、挿し穂用の剪定、落葉後の剪定)になります。第2章では、開花後の剪定する枝の位置や剪定時の注意事項をお伝えします。

剪定する枝の位置

花のついた枝の剪定(切り戻し)は、花の2節下に芽があるのを確認し、その上で切るようにします。花のすぐ下の節には芽がないので、そこを残して切ってもわき芽が伸びることはありません。花終わりに一度、花から根に向かって「一番目にある脇芽」を残し、その上で剪定をします。これが一番、失敗をしない剪定方法です。

株をコンパクトに育てたい方

紫陽花の挿し穂をとらず、またもう少しコンパクトに株を小さくしたい場合は、元気な株は枝に数個脇芽がでているので、残したい脇芽の背丈を決めて、その脇芽の上でカットします。脇芽が残るよう株を仕上げるように剪定をするとよいです。

株を小さめに育てたい方!冬の剪定にも興味がある方はこちらの記事もご参考までにどうぞ。

挿し穂に挑戦したい方

挿し穂にはこの「一番目にある脇芽」をある程度成長させてから、2番目に脇芽の成長を確認してから、2番目にある脇芽の上でカットします。上手に挿し穂をカットして発根に挑戦したい方はこちらの記事でご紹介していますので、是非、読んでくださいね。

剪定で注意したいこと

剪定のコツと注意点
①剪定枝は、花が咲いている2節下に脇芽があることを確認し、その上を剪定する
②花が咲き終わったらなるべく早く剪定し、お礼肥を与える
 枝の充実と花芽を成長させ次年に開花させる
③光合成ができるように、剪定時にすべて葉を落とさないこと
④剪定後の植え替えはおススメ
スポンサーリンク

最後に(一言)

紫陽花が満開を迎える6~7月に適切に剪定をすることで、紫陽花の株を充実させ成長させることができます。また来年開花するかどうかは、紫陽花の開花後の剪定と時期に似合った管理の仕方で左右されます。もし挿し穂に挑戦したい方は、できれば5月中に剪定を終わらして挿し穂の準備をした方が、発根後の発根し根回りがよくなりますよ。

紫陽花は、生育環境が揃えば、ある程度強く剪定をしても頑張って成長してくれるのでそこまで心配しなくても元気に育ってくれます。紫陽花の花を切ってしまうのはちょっと心惜しいですが、来年キレイな紫陽花を楽しむためにも選定に挑戦してみてはいかがでしょうか?
おしまーい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事