珍しい紫陽花の品種-樹高・樹勢・花持ち等、育てたい種類を紹介-

紫陽花愛好家が実際に育てている品種をご紹介します。購入時の紫陽花はどの種類も花の大きさや樹形、高さなどが足並みそろっていますがこれは矮化剤を使っているからです。実際に育てていると紫陽花本来の品種がもつ遺伝子に沿って育っていきます。購入後に紫陽花をどのように育てたいかによって紫陽花の品種の選び方が変わってきます。今回は、珍しい品種、人気のある品種、購入後の紫陽花の成長の様子などをまとめながら特徴をお伝えします。

購入後の紫陽花を鉢植え、地植えのどちらで育てたいのか、育てる場所の広さや日当たり、品種による育て方の若干の差、花の大きさや祖先返り等をまとめます。
スポンサーリンク

ガク咲き(額あじさい)

銀河

  • 樹 高:1.0~1.2m(中型)
  • 樹 勢:普通
  • 生 育:ゆっくり
  • 耐病性:あり
  • 基本色:ブルー
  • 剪 定:強剪定は控えめに、2段階剪定に留める

    育て方と環境次第ですが、紫陽花を育て始めた初心者の頃に購入をして鉢植え・日陰で育てていたら1年後に枯れてしまったことがあります。地植えにすると枯れずに剪定にも耐え、野外での夏越し・冬越しもできています。今も生育中です。枝の節間が広いため成長とすると樹高が高くなりやすいと言えますが、3年目の真冬に2段階剪定をして50㎝程度の高さに納まっています。春に冬芽が芽吹き開花までの高さやその後の脇芽の成長を考慮すると1m近く成長する見込みです。樹勢や生育は普通~ゆっくりめなので急に大きく成長することもなく、一番葉が多い時期でも場所をとることはないです。

    白く縁取られた中心部の花弁は小さく、開花が進むとさらに中心の2~3枚の花弁が沸き立つ雲のように盛り上がります。八重咲きのガク咲きで、花弁のグラデーションをよく見ると葉脈のようにキレイな花弁の筋が通っているのが美しいですよ。


    蕾の時から直射日光を避けるとよい発色になります

       

    星達が集う銀河を想わせます
       

    スターリットスカイ

    • 樹 高:0.2~0.5m(小型)
    • 樹 勢:弱い
    • 生 育:遅め
    • 耐病性:あり・日差しに弱い
    • 基本色:ブルー
    • 剪 定:花柄をカットする程度

    節間が短めで鉢植え向きの紫陽花です。購入したスターリットスカイを剪定後に地植えにしたら枯れそうになったのでまた鉢植えに戻しましたが、結局、植替えの時期が悪くて枯れてしまいました。周囲に大型の植物がある場合や栽培環境が悪い場所での庭植えでは弱って枯死するのではと思われます。品種的に小型で樹高も低く大きく成長しないので鉢植えでコンパクトにすると育てやすいと言えます。

    紫陽花の中では数少ない青色・白色斑点の装飾花は3~5㎝とおおきめでフリル咲きです。小さいスポットで白色が入るため、見る角度や花房ごとに違った表情が見れる楽しみがあります。葉がギザギザと大きな切れ込みが入り。枝は全体的に赤黒くなります。

    ランダムに白い斑が入り艶やかなイメージがあります。こだわりの品種。
       

    最近では3月頃に休眠期の1年生の挿し木苗が園芸店やお花屋さんの店頭でみかけますが、仕入れ状況によりますが6月頃まで店頭で見かける機会があります。

    通販での仕入れも可能です。
       

    ダンスパーティー

    • 樹 高:1.2~1.5m(大型)
    • 樹 勢:強い
    • 生 育:早い
    • 耐病性:あり
    • 基本色:ピンク色
    • 剪 定:2段階剪定、強剪定しても大丈夫

    大きく成長をします。地植えで3年経つと正しく木のように主幹が太く、枝を伸ばしていきます。コンパクトに育てるには真冬の剪定が欠かせないほど樹勢が強いです。育てて5年経つと冬芽は枝の先端にでき、地面際からはあまり出てこない傾向がありますので樹高が1mを越える休眠期に強剪定をして株の更新を促す必要があります。うどんこ病や炭疽病にも強く、夏場の暑さや日差しでも弱ることが少なく、手入れが容易でそこまで手をかけることなく管育てることができます。花を良くつけ、花持ちもよい秋色紫陽花として楽しむことができる魅力もあります。基本色はピンク色。地植えで雨に晒されても紫色から青色に変化したことがないです。栄養がないと花が小さくなりがちです。初めて紫陽花を育てる方向けの品種でおススメの品種です。

    ガクアジサイであっさりで控えめな印象を与えるけどボリュームがほどよい人気を集めています。ピンク色が主流。名前の由来は、人が踊っているように見えることから。

       

    紫陽花の時期になると小苗から大株まで数多く販売されています。一度は店頭で見かけることがある品種です。

       

    ダンスパーティーに似た品種で、歌合せがあります。歌合せはダンスパーティーより両性花が開いた時にボリュームがアップして半手毬咲きになるほど豪ジャス感があります。ダンスパーティーは両性花が小さいためダンスパーティーと比較すると落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

    フェアリーマーブル

    • 樹 高:1.2~1.5m(大型)
    • 樹 勢:強い
    • 生 育:早い
    • 耐病性:あり
    • 基本色:ブルー
    • 剪 定:2段階剪定、強剪定も大丈夫

    フェアリーマーブルの開花を見たら紫陽花とは思えないほどの迫力があります。日陰でも良く育ち、乾燥にも強い品種と言えます。冬芽から葉が開いた時の葉の色は濃い群青色で他の紫陽花では見かけない色合いをしています。樹勢が強く枝をぐいぐい伸ばしますが、樹形は乱れることなく株立性低木を形成しやすく手入れがしやすいです。強剪定をしても地面際から新しい芽が出てきます。園芸店で購入した1年生の苗木を購入年に地植えをしても枯れずに育って行きます。土壌の酸度で花色が変わる性質がありますので地植えの時は酸度調整が必要です。肥料にこだわらずに雨水だけで育てていると購入時は青色だった花色が紫色になりました。フェアリーマーブルは名前の由来から基本色はブルー。

    バラのように豪華な包み咲きと花は八重咲で大きく、花びらのスカラップが特長です。

    ガクアジサイで華やかな明るい色の
    花姿で発表以来大変人気がある品種
       

     

    ドリップ

    • 樹 高:1.0~1.2m(中型)
    • 樹 勢:弱い
    • 生 育:遅め
    • 耐病性:あり
    • 基本色;土壌の酸度で調整可能
    • 剪 定:株が小さい時は強めの剪定をしないで花後の剪定に留める

    購入した苗を日陰と日当たりの良い2か所に植えたところ、日当たりの良い場所では葉焼けにより樹勢が弱り、枝が細くなり枯れてしまいました。日陰で育てていた苗は育っていますが成長スピードがゆっくりのため大きな充実した株にはならず控えめに育っています。ドリップの隣でフェアリーマーブルを育てていますが、フェアリーマーブルの方が大きく育っています。育てる環境や土壌にもよりますが、ドリップは地植えより鉢植えにした方が管理がしやすく育ちやすいと考えられます。樹形は株立性低木を形成しやすく手入れがしやすいです。

    花びらの中心は青色で外縁にむけて白色のグラデーション仕様になっています。ガクアジサイで土壌の酸度で花色が変化します。花房20㎝程度。快晴の空のような澄んだ青色の花弁で装飾花はおおきいものは8㎝にもなります。

    白い覆輪は太めなので豪華さがあり、花のまとまりもよい品種。
       

     

    大島緑花

    • 樹 高:1.2~1.5m(大型)
    • 樹 勢:強い
    • 生 育:早い
    • 耐病性:あり
    • 基本色:緑色
    • 剪 定:2段階剪定、強剪定

    樹勢・生育ともに抜群な品種。どんな環境でも枯れることがないのではと思えるほど夏場の日差しや冬場の乾燥、北風への耐久性があり、病気にかかりにくいように感じます。生育スピードが速く、大きく丈夫な冬芽を多数つけるので樹高が高く大きな株になりやすいです。強剪定にも耐え枯れ込むことがないです。花持ちもよく花色も緑色で珍しく育てやすいため一度は育てたい紫陽花ですね。両性花の開花も可愛らしいですよ。

    伊豆大島で発見されたガクアジサイ。緑色の紫陽花とで珍しい希少品種です。装飾花のガク片は、最初は緑色ですが咲き進むにつれて徐々に中心に白色が入り、さらに薄っすらと筋状の青色が入ります。両性花は濃紫色の美しい花でとてもよく目立ちます。

    開花日数につれて花色が変色します。咲き始めた頃合いで写真を撮りました。

       

    店頭で売っているところを見たことがないですがネット通販では比較的入手しやすい品種となっています。多くの通販・園芸店が取り扱っている傾向が見受けられます

       

    エンジェルワルツ

    • 樹 高:1.0~1.2m(中型)
    • 樹 勢:普通
    • 生 育:普通
    • 耐病性:あり
    • 基本色;ピンク色
    • 剪 定:2段階剪定、強剪定は控えめに

    土壌の酸度で花色が変化します。購入時はキレイな桜色の花びらでしたが地植えをして自然任せに育てていたら花柄の縁が紫色になりました。地植えでの定置が定まらず植替えをしていたら開花時に花房が小さくなりました。フリルがある愛らしいエンジェルワルツは一重ながらも花柄が少し重なっているので表情が豊かな印象を与えます。

    咲き始めはイエローグリーンで薄い、ピンクから濃いピンク、赤色と花色が変化します。ウェーブがかった花弁で縁に色がついています。咲き初めはガク咲きですが、咲き進むにつれて半手まり状に変化します。

    咲き始めのエンジェルワルツ

    地植え1年目の開花です。あっちこっち移植していたので十分な栄養が足りなかったのか花の大きさが小さめになってしまいました。

       

    ジャパンフラワーセレクションのベスト・フラワー(優秀賞)とブリーディング特別賞を同時受賞した話題の品種

       

     

    小菊

    • 樹 高:1.0~1.2m(中型)
    • 樹 勢:普通
    • 生 育:普通
    • 耐病性:あり
    • 基本色:ピンク色
    • 剪 定:2段階剪定に止め、強剪定をする頻度は控えめに

    小さな装飾花が八重~千重になって咲きます。

    我が家の小菊は地植えして1年目。購入した時のイメージとちょっと変わってしまいました。

       

    紫陽花の時期に園芸店やお花屋さんに頻繁に足を運んでいると出逢える品種です。人気が高いだけあって流通はしています。通販では完売になっていることが多いです。

    白糸の滝

    • 樹 高:1.0~1.2m(中型)
    • 樹 勢:普通
    • 生 育:普通
    • 耐病性:あり
    • 基本色;白色
    • 剪 定:(考察中)

    細弁をもつ紫陽花の品種は数が少ない中、ひと際目立つ「白糸の滝」は加茂荘花鳥園(加茂花菖蒲園)のオリジナル品種の紫陽花です。園芸店では挿し木が1本開花している小苗が販売されていることも。お値段高めの紫陽花かな。

     

    てまり咲き(手毬あじさい)

    いろは

    • 樹 高:1.0~1.2m(中型)
    • 樹 勢:普通
    • 生 育:普通
    • 耐病性:あり
    • 基本色;ピンク色
    • 剪 定:2段階剪定を推奨。真冬の強剪定は控えめにする

    星のような形のきらびやかな八重咲きが特徴の長野県オリジナルの新品種です。一つ一つの花が印象的なガク咲きタイプで濃い色の覆輪がより際立たせてくれます。

       

    最近は通販でも見かけるようになりました。
       

    ありがとう

    • 樹 高:1.0~1.2m(中型)
    • 樹 勢:普通
    • 生 育:普通
    • 耐病性:あり
    • 基本色:土壌の酸度で花色が変化する
    • 剪 定:カタチを整える程度にする

    4枚花弁・一重咲きの白縁であっさりして派手さが抑えられています。発色の良さ、覆輪の太さによって、とても目を引く花房に育てる楽しみがある品種です。

    アルカリ性の土壌と肥料で
    ピンク色が咲いています
       

    販売用画像はブルー
    育て方一つでピンク色になります
       

    万華鏡

    • 樹 高:0.2~0.5m(小型)
    • 樹 勢:弱い
    • 生 育:ゆっくり
    • 耐病性:あり
    • 基本色:土壌の酸度で花色が変化する
    • 剪 定:2段階剪定、真冬の強剪定でも株は元気

    鉢植えで育てることをおススメしたい品種です。鉢植えで大きくなった2年目の株を地植えにした翌年に万華鏡が枯れてしまいました。地植えをした1年目は小さな花が咲き、購入時のグラデーションをかけたような花弁でキレイでしたが、徐々に株が弱っていきました。育てている環境にもよると思いますが、管理がしやすい鉢植えの方が長く楽しめるのではという育てた感触です。人気の品種なので、一度は買って育てたいですね。万華鏡の株が大きくなってたくさんの魅力的な花が咲いている景色は優しさあふれる絶景になること間違いなしです。

    花びらは少し細長くシャープな印象があり、グラデーションをかけたような色の付き方が特徴的です。八重咲でてまり咲き。

    ピンク色はブルー色より生産性が難しく、販売株数が少なめのようです。

       

    贈り物・プレゼントに喜ばれる品種

       

    ババリア

    • 樹 高:1.0~1.2m(中型)
    • 樹 勢:普通
    • 生 育:普通
    • 耐病性:あり
    • 基本色:土壌の酸度で花色が変化する
    • 剪 定:樹形を整える程度で剪定をする。

    成長スピードが速く大きくなりやすい品種です。大きくて重みのある花房をつけるので小さな鉢植えでは花を支えきれずに店頭しやすくなります。土壌の酸度で花色の発色がよくなる品種です。肥料で酸度を調整するだけで花色が変化します。うどんこ病や炭疽病にも強く、地植えでも問題なく成長してくれます。樹高はそこまで高くないので剪定は控えめでもよい品種です。ダンスパーティーのように気のように成長しますので地面際から新芽がでてくる頻度が少ないです。

    鉢植えでも地植えでも育てやすく、大きくてどっしりとした花房を見ることができます。

    ふわっとしたイメージがお気に入り
       

    ポップコーン

    • 樹 高:0.2~0.5m(小型)
    • 樹 勢:普通
    • 生 育:普通
    • 耐病性:比較的弱い
    • 基本色:土壌の酸度で花色が変化する
    • 剪 定:真冬の強剪定でも地面際から多くの冬芽がでてくる

    樹高の高さがそこまでない品種です。ポップコーンは紫陽花の品種:おたふくと似ていますが、違いは花柄の形と樹高です。ポップコーンはおたふくとひかくすると樹高に大きな違いがあり、ポップコーンは横ばいに広がります。そのため高さがなく樹高が低めですが、樹勢は強く、強剪定をしても地面際から新しい芽を多く出します。うどんこ病より炭疽病にかかりやすく傾向がありますが、農薬散布で改善でき、枯れることなく次年度は新しい芽を出し株を更新していきます。小型の紫陽花は樹勢が弱い特徴がありますがポップコーンは樹勢や生育は普通。病気にかかりやすいが回復力も持っています。土壌の酸度で花色が変わりやすく面白みのある品種です。あじさいが好きな方なら一度は育てたことがある品種なのではと思います。紫陽花の時期になると店頭では毎年、販売されている人気な品種とも言えます。

    花びらが内側を向いてお皿のような形をしています。日本紫陽花でもあるウズアジサイに似ていますが、花房がぎっしり詰まっている点や色味がしっかりでる点で見ごたえがあります。花房は他の紫陽花と比べると広がり方が中程度のサイズでコンパクトにまとまっています。

    他の紫陽花には見られない特徴をもつ花弁。数少ない貝咲き(ガク片がさじ状になる)の品種です。
       

    紫陽花の定番品種です。
       

     

    関連記事
    夏の日差しで紫陽花(品種:ポップコーン)の体力が落ちてしまい、炭疽病になってしまい葉が落ちてしまいました。紫陽花は炭疽病にかかりやすいので、予防や治療方法をあらかじめ知っておくと焦らず対処することができます。病気になったけど回復できた記録と手入れ方法をまとめています。

    プリンセスアン

    • 樹 高:1.0~1.2m(中型)
    • 樹 勢:普通
    • 生 育:普通
    • 耐病性:あり
    • 基本色:白色
    • 剪 定:真冬の強剪定しても株は弱らない

    紫陽花を真っ白な花弁を持ち、花の咲き方で分類したときに、純白・てまり咲き・八重の3つが揃った品種数は少ないです。さらに、花柄が丸みを帯びて優しい雰囲気を伝えるという1項目を追加したら、「プリンセスアン」しかないと言えます。地植えをすると株が充実をして毎年、花を咲かせてくれます。肥料を与えずとも大きな花房をつける点や雨に当たっても花柄が傷みにくく、酸度に影響されない真っ白な花は育てやすいと言えます。紫陽花は赤や青、紫、複合色などの花色がある中で、白色の紫陽花が1株あると目を引き留めてくれます。

    純白の花がぎゅっとまとまってボリューム良く咲く白花あじさい。花の持ちも優秀で、多少の長雨でも花弁の白さを維持でき美しい状態を長く楽しめます。大きな花房の重みで枝が倒れたりすることもなく、枝は太く、強健のため扱いやすい品種。

    実際に開花した我が家のプリンセスアン。年にとって花弁の形が変わることもあります

       

    タイミングが合えば、園芸店でも開花株を見て購入することもできます。すぐに欲しい方は楽天がおススメです。

       

    かぐや姫

    • 樹 高:0.2~0.5m(小型)
    • 樹 勢:弱い
    • 生 育:ゆっくり
    • 耐病性:あり
    • 基本色:土壌の酸度で花色が変化する
    • 剪 定:花後の剪定、2段階剪定に留める

    地植えより鉢植えが楽しめる品種と言えます。小型の品種ならではの特徴を持っていますが、枝の節間は短くなく普通です。万華鏡と同じタイミングで地植えをしましたが、枯れることなく生きていますが生育は横ばいで大きくなりきれていないです。排水性のよい土壌を好む傾向がありますので地植えのときは土を入れ替えてあげたり、畝を持ち上げるなどして土壌改良をしてから植え付けをするとよいです。

    加茂花菖蒲園が改良して作った品種。花弁はやや先端がとがった形をしていますが、花房は形が整いやすい手毬咲きとなります。八重咲きのボリューム感や可愛らしさの中に、
    すっきりとした清涼感も加えています。壌の酸度によって花色が変わります。

    購入した直後の開花株の様子
       

    人気のある品種のため店頭での仕入れ数は多め。通販でも入手しやすい品種で、母の日ように予約ができる人気のあるカタログ落ちしていない。

       

    スパイク

    • 樹 高:1.0~1.2m(中型)
    • 樹 勢:普通
    • 生 育:普通
    • 耐病性:あり
    • 基本色:土壌の酸度によって花色が変化する
    • 剪 定:真冬の強剪定は株の元気よさの程度で行う

    同じスパイクの品種でも個体差があるように感じます。土壌の酸度で花色が変わります。青色、紫色、ピンク色とどの花色も魅力や雰囲気が違って面白みがあります。咲き進むと紫色になりやすいようです。

    オランダから輸入された品種。咲き始めは薄色。花房の装飾花の各々が少しずつ開花してくるので柔らかを与えてくれます。咲き進むにつれてすべての装飾花が開花し、色も濃くなっていくが一つ一つの装飾花の色が違いグラデーションになっている美しい品種。

     

    舞姫

    • 樹 高:1.0~1.2m(中型)
    • 樹 勢:普通
    • 生 育:普通
    • 耐病性:あり
    • 基本色:土壌の酸度で花色が変化する
    • 剪 定:木質化した枝や分岐枝を剪定する程度

    鉢植えでも地植えでも問題なく生育できます。スパイクと同じで、同じ舞姫でも個体差があるため、花色の絞りの入り具合や花びらの開き具合や大きさに差があるように感じます。ある程度の遮光をしてあげると花びらが丸みを帯びてきますが、日陰で育てると株の充実ができず、冬芽が減ったり地面際からでる新しい芽の数が減る傾向があります。葉焼けをしやすく炭疽病にかかりやすいですがうどんこ病には強いです。地植え3年の株が開花したときに、花びらの濃淡の筋が少なくなり花色1色で開花した花房が多かったので育てているうちに、花弁の色柄は変わってくるかもしれません。

    舞姫が一般的な品種名。他に「水色の恋」「ちづる」などの表示がされている時がある。基本の色に濃い色が入る2色の絞り咲きであるが、色の入り具合には個体差がある。

    酸度で明確に青色とピンク色に分かれて咲きます。

    ジャパンフラワーセレクション受賞品種。絞り咲きの特性が開花時、秋色時、葉の紅葉時と長い期間楽し、アジサイの複色品種で絞り咲きのマーブルカラーは世界で初めとなった品種でもある。

       

    十二単衣

    • 樹 高:1.2~1.5m(大型)
    • 樹 勢:強い
    • 生 育:早い
    • 耐病性:あり
    • 基本色:土壌の酸度で花色が変化する
    • 剪 定:真冬の強剪定でも株は元気

    花びらが幾重にも重なっている姿から「十二単衣(じゅうにひとえ)」と呼ばれています。別名「石化八重アジサイ」「帯化八重アジサイ」。

    咲き始め薄い花色ですが、開花日数が進むにつれて濃い色になります。
       

    茎や花房柄が幅広くなったり枝分かれした(石化)古くからあるアジサイに新たにつけられた品種名です。
    江戸時代には記録が無いことから、明治時代に出現したようです。十分に肥培すると石化の特徴がよく出ます。

     

    未来

    • 樹 高:0.2~0.5m(小型)
    • 樹 勢:弱い
    • 生 育:ゆっくり
    • 耐病性:あり
    • 基本色;赤色・ピンク色
    • 剪 定:株の活力次第で強剪定ができる

    国際園芸博覧会受賞。花弁に赤色の縁取りがある一重の紫陽花です。山アジサイを元に改良した品種で落ち着いた雰囲気がつたわってきます。秋色アジサイとしてもおススメです。山アジサイ系のため暑さや日差しに弱い特徴がある。

    品種:未来(みらい)
    同じ種類でも個体差がある
       

    ギフト用として販売されていることが多い品種。通販ではお値段高めですが、店頭で並ぶ機会があるので選んで購入した方がよいかも

       

    エスメラルダ

    • 樹 高:1.0~1.2m(中型)
    • 樹 勢:普通
    • 生 育:普通
    • 耐病性:やや弱い
    • 日差し:強い日差しが苦手
    • 基本色:緑色
    • 剪 定:真冬の強剪定をしても強健

    日本では流通が少ない品種。コロンビアから切り花として入手できるようだが、園芸専門店で株の販売をしているのを見たことがありません。

     

    スポンサーリンク

    マジカル系統

    シュロスバッカーバルト

    • 樹 高:1.0~1.2m(中型)
    • 樹 勢:普通
    • 生 育:普通
    • 耐病性:あり
    • 基本色:赤色・複色
    • 剪 定:鉢植えでも強剪定ができる

    ドイツで開発された2017年の新品種。咲き始めは薄い緑色から次第に中心部から赤く色付き、赤は広がって濃い赤に変化していきます。 そして全体の色も赤みが多く、濃くなっていき、全部が赤くなるとまた花びらの先から濃い緑へと変化していきます。

    開花日数につれて花色が変色します
       

    一般のアジサイとは違った花色を楽しむことができ、一度育てたら忘れられない特異な印象を与えるアジサイ。

       

    マジカルコーラル

    • 樹 高:0.2~0.5m(小型)
    • 樹 勢:弱い
    • 生 育:ゆっくり
    • 耐病性:あり
    • 基本色:ピンク色・複色
    • 剪 定:毎年、強剪定をしても花が咲く

    マジカルコーラル。蕾は緑色。花が開くと薄っすらピンク色になり、開花日数に比例してピンク色になります。花弁に緑色が入っているので愛らしいです。てまり咲き。鉢で育てられます。

    サンゴ礁のような優しいピンク色
       

    マジカルノブレス

    • 樹 高:0.2~0.5m(小型)
    • 樹 勢:弱い
    • 生 育:ゆっくり
    • 耐病性:あり
    • 基本色:白色・緑色

    オランダで切り花用に育種された品種。

    開花日数につれて花色が変色します
       

    紫陽花の時期になったら園芸店でも2~3株ほど見かける機会があります。通販では冬から小さい苗が購入できたり母の日に向けて予約ができます。

       

    最後に(まとめ)

    紫陽花の園芸種は数えきれないほどの品種があります。毎年、新品種もでていて見ごたえある植物となっています。大きな花房をつけ迫力ある紫陽花は、花を楽しむ方々の注目を浴び、誰でも一度は手に取り購入したくなるものです。紫陽花の品種にとって多少の育てやすさがありますが、鉢植えでも地植えでも育てやすく、購入後の手入れや管理もコツをつかめば毎年開花し楽しむことができます。

    その他(品種)

    グリーンファイヤー

    ケイコ

    ゴーダホワイト

    デープパープル

     

    ひなまつり

    ルビーレッド

    レディマタハリ

    カレン’(可憐)

     

    春よ来

    雷王

    恋物語

    マジカルレボリューション

     

    通販購入店舗のご紹介

    通販の場合、店舗によって紫陽花の取り扱いが違っています。人気品種はおおよその店舗で購入ができますが、新品種や珍しい品種などは取扱店に差がでてきます。また開花前の株しか売っていないお店、休眠期の小苗を取り扱っているお店など通販ショップによっても取り扱いの品種や株の大きさが異なってきますので気にある品種がありましたら、各通販ショップで比較すると納得がいく購入ができるのでおススメです。

    よく利用している紫陽花のショッピングができるサイトのご紹介をしておきます。

    園芸ネットプラス

    千草農園

    花みどりマーケット 楽天市場店

    群馬の鉢花ギフト カオプストア

    苗木部by花ひろばオンライン

     

    好きな紫陽花を見つけて、是非、育ててみてくださいね。
    気になる紫陽花が出たら、こちらの記事に投稿していきまーす!

    本記事に掲載されている情報は個人が育てた口コミ・育てレポでの評価内容ですのでご参考までにお願い致します。育てている地域や環境、土壌の成分や手入れができる頻度によって紫陽花への育てやすさや大きくなる成長スピードなど変わってきます。

    おしまーい。

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめ記事