頂芽挿し紫陽花の育て方-発根後摘芯(芽摘み)が必要な理由-

紫陽花の挿し木の仕方は2種類「頂芽挿し」「二芽挿し」のやり方がありますが特に、頂芽挿しは発根後に人の手を加える摘芯が必要です。たった1つことをするだけで枝や葉、来年の花芽を多くつけることができ、よい株に育てることができます。今回、頂芽挿しの摘芯をする時期や理由をお伝えします。

頂芽挿しとは、頂芽がある枝を用いて挿し木にすることです。

頂芽挿し用に剪定した枝
(頂芽のみ残します)

挿し木の仕方や発根までの育て方はこちらの記事にまとめています!

スポンサーリンク

摘芯とは

摘芯(てきしん)とは、茎や枝の先端を取り除くことです。別名、ピンチともいわれています。

摘芯をする理由

頂芽優勢

茎の先端にある芽は「頂芽(ちょうが)」といい、茎の側方につく芽を「側芽(そくが)」といいます。種子植物の場合、側芽は葉腋(ようえき)につくので、腋芽(えきが)とも呼ばれます。

頂芽:茎の先端にある芽
側芽:茎の側方につく芽
腋芽:種子植物の側芽の別名

基本、「側芽より頂芽の方が生育がよい≒頂芽の生育が発芽の生育に優先」されます。頂芽でつくられる植物ホルモンの一つであるオーキシンの濃度によって、頂芽が生長したり、側芽が生長したりする現象や頂芽がなくなると側芽が発達する現象のことを「頂芽優勢(ちょうがゆうせい)」と呼ばれています。

枝先に花芽の形成

枝先(枝の先端)にある花芽は、植物のホルモン:オーキシンの働きによりぐんぐん成長していきます。つまり、頂芽は他の芽よりもより成長できる条件が整っています。一方で、側芽(≒脇芽)にはオーキシンが十分に働けずに芽の生育がストップもしくは緩やかな成長になります。そこで、オーキシンの役割が側芽に働けるように先端の頂芽を摘んで取り除いてあげ、側芽の生育につながります。

紫陽花は茎や枝の先端に花房をつけますので、茎や枝の本数が多い方がたくさんの花を咲かせる可能性が大きくなります。茎や枝の本数を増やすためには側芽の生育を促す必要があります。そのため、頂芽を取り除いた方が、より株の充実ができる場合があります。

スポンサーリンク

時期

時期は何月にすべし!と決まっているわけではありませんが枝や茎の本数を増やし株を充実させるという目的として、側芽が大きく成長せずに新しい枝や葉が芽吹かない生育状態の時や頂芽挿して発根した後、発根する前に紫陽花に元気がなくなってしまった時になります。紫陽花の様子を判断しながら、紫陽花の生育が盛んな時期に行い、かつ摘芯後もわき芽(側芽)が生長できる時期であることが必要です。

雨期に緑挿しをした場合

「緑挿し」とは、紫陽花の葉がある状態で挿し木をする総称です。紫陽花の葉がある季節は春~秋ですが、その中でも最も挿し木に適した環境である雨期5~6月に挿し木を行うことが基本です。その場合、挿し木をして発根した後から7月中旬までに摘芯を行うと側芽が生長します。紫陽花の生育がストップしている時期に摘芯をすれば側芽自体も成長ができずに、逆に挿し木全体が枯れ込んでしまうこともあります。

冬に休眠挿しをした場合

冒頭でお伝えした「冬挿し」は、休眠中の株から取った枝を挿し木に用いるため「休眠挿し」とも呼ばれています。

詳しい休眠挿しのやり方はこちらの記事で紹介しています。

休眠挿しの場合も同様に、紫陽花が発根し、葉が芽吹き始めて樹木が活動をし始めた時期に頂芽を摘みとります。休眠挿しで頂芽挿しの場合、先端の冬芽が春に開花をする可能性があります。開花を楽しんでから花房を剪定してもよいですし、開花より株の充実をしたい方は、開花する前(開花前の葉が茂り始めた時)に頂芽を摘みとってあげるとよいです。

・開花後の摘芯:開花後の5月~6月下旬。
・開花前の摘芯:春になって生育が盛んになる4月から。
*遅くとも7月中旬までに摘芯する

摘芯の有無で生育に差がでる

6月に頂芽挿しをした紫陽花を7月中旬までに摘芯した場合としなかった場合の生育の様子を写真で比較してみます。

頂芽挿しをした挿し木の様子(6月)

再度、確認ですが摘芯は頂芽を切り取ることです。どこで摘心するかと言えば、脇芽がある前の節ならどこでも大丈夫です!できれば、頂芽から数えて一番目の脇芽の前の節で切ってあげると、2番節以降の脇芽から葉が伸びて、葉数を多くすることができます。
ピンク文字①の場所で剪定をします。
(脇芽がある節の前で切ります!)

摘芯した紫陽花の成長

挿し木の時は、茎が1本だけで葉が数枚ついていただけですが、摘心をすることで脇芽から葉芽が芽吹き枝が伸長し、さらに新しい枝から新葉が伸びているため、枝や葉の数が多くなり株が充実しています。冬芽は枝の先端に形成されるため、来年開花する可能性がある冬芽を多くつけることができます。

摘芯しなかった紫陽花の成長

挿し木の状態とほぼ同じで、1つの枝にある頂芽が伸長した株に育っています。伸長した茎の長さ、それに付随する葉が1年間で成長できた分になります。枝先に冬芽ができるので、茎や枝数が1本なら、1つの花房しかつけることができません。

 

摘芯した場合としなかった場合は、株の枝や葉数に差がでることが分かります。特に紫陽花は9・10月頃に花芽をつけ、この花芽が来年、開花します。花芽は枝先につけるので、枝数を増やし花芽がたくさんつけられるように育ててあげる工夫が育て方のコツになります。

花芽の分化を知りたい方はこちらの記事にまとめています!

最後に(まとめ)

頂芽挿しは、オーキシンの作用が多く働く頂芽を使用した増やし方になります。そのメリットはすでに芽がでているので伸長しやすいということですが、デメリットは脇芽がでにくい、脇芽の成長が鈍いため、枝数を増やすことが難しい場合があるということです。もちろん、頂芽挿しでも脇芽が生長することもありますので、絶対に脇芽が形成されない、芽吹かないということではありません。株を充実させ、少しでも花房の個数を増やしたい場合は、摘心をしオーキシンの作用を利用し、脇芽の成長を促してあげます。摘芯するかしないかは育て方の仕方に差があったり1本枝で栄養やエネルギーを一つの花房に行き届かせたいという場合、摘心した方が株の充実や花を楽しむという意味では必要になります。花後に剪定をしますが、この剪定も同じねらいがあり「摘芯をすることで株の充実」を目的としています。

花後の終わりや剪定についてはこちらの記事で紹介しています。

筆者はどちからというと、摘心し株を充実させています。

摘芯をした場合としなかった場合のその後の生育過程のご紹介でした。
おしまーい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事