愛好家が育てた人気ある原種チューリップのおススメ品種と特徴

原種チューリップを育てたい方向けに、愛好家が実際に育てた原種チューリップの品種や特徴をお伝えします。購入時に球根に付属している販売用の開花写真や表紙に飾られた花色の色合いは、実際に育て開花した現物のチューリップとイメージが違ったという残念なこともあります。原種チューリップを育てて開花した写真そのままを無加工で添付しますので参考にしてくださいね。

原種チューリップは「ミニチューリップ」、「ワイルドチューリップ」とも呼ばれ流通しています。原種は世界で88種類以上があり、国内で流通している品種は20~30種類ほどです。
スポンサーリンク

赤色

サマンサ

  • 花  色:濃い赤色
  • 花  底  部:黒色
  • 草  丈:10~20㎝(低め)
  • 開花時期:4月上旬(早咲き)
  • 開花日数:—
【特徴】

コロンとした可愛らしい赤色の八重咲き。房咲きで1球から3~5個・複数の花を咲かせるので豪ジャス感があります。花色は濃い赤色で、花底部は黒色です。八重咲は、おしべが花弁化したもの。“lipsticks of the garden” (庭の口紅)と呼ばれていてお庭を明るく飾ってくれます。

気になる方はこちらから
販売時期(9~10月頃)のお取り寄せになります

タイニーティモ

  • 花  色:鮮やかな赤〜紫色
  • 花  底  部:青みがかる白色
  • 草  丈:10~20㎝
  • 開花時期:3~4月
  • 開花日数:—
【特徴】

花は一重咲で直径10㎝、茎の長さは5㎝ほどで、花弁は鮮やかな赤〜紫色で花底部は中央の青みがかる白色の組み合わせが印象的です。葉が細く草丈も短いため、他の花の中に埋もれてしまいそうなぐらいひょっこりして可愛い品種。アリッサムと寄せ植えしています。

気になる方はこちらから
販売時期(9~10月頃)のお取り寄せになります

紫色

リトルビューティ

  • 花  色:赤紫色、花弁の基部は白に青い斑が入る
  • 花  底  部:紺色
  • 花  径:約3㎝
  • 草  丈:10~20㎝(約15㎝)
  • 開花時期:4~5月
  • 開花日数:—
【特徴】

花びらの裏表がバイカラーで可愛い品種です。花弁は濃いピンク・赤紫色で、花弁部(中心部)は紺~紫色で紺色に染まり、花弁の基部は白で縁取りされた青い斑が入ります。芳香があります。今回、花弁先の白色が多く開花しました。’チューリップ・フミリス’という原種を基にされた人気の高い園芸種の一つ

気になる方はこちらから
販売時期(9~10月頃)のお取り寄せになります
スポンサーリンク

白色

クレティカヒルデ(cretica Hilde)

  • 花  色:白色、花弁外はピンクと緑の筋
  • 花  底  部:黄色
  • 草  丈:10~15㎝
  • 開花時期:4~5月
  • 開花日数:—

    【特徴】

    愛称「ヒルデ」の名称で流通している。一株に数輪開花します。花弁の外側は、白色にローズピンク色が入るキュートな花色です。蕾の時から色合いを楽しめます。

    気になる方はこちらから
    販売時期(9~10月頃)のお取り寄せになります

    ピンク色

    ビオレッタ

    • 花  色:明るいピンク色
    • 花  底  部:しぶい黄色
    • 草  丈:10㎝
    • 開花時期:早咲き
    • 開花日数:—

    【特徴】

    美しいラベンダーピンク色の花弁に、中央が黒みがかるユニークな花色です。花底部のしぶい黄色が一層花弁のラベンダーピンク色を引き立ててくれます。

    気になる方はこちらから
    販売時期(9~10月頃)のお取り寄せになります

    ライラックワンダー(Lilac Wonder)

    • 花  色:淡いピンク色
    • 花  底  部:黄色
    • 草  丈:5~15㎝
    • 開花時期:3~4月
    • 開花日数:—

    【特徴】

    淡いピンク色の花弁に、中心部はくっきりと明るい黄色に染まる可愛らしい色合いです。雄しべの花粉も花底部と同様に明るい黄色でツーコントラストが一層際立ちます。

    気になる方はこちらから
    販売時期(9~10月頃)のお取り寄せになります

    ダニケ

    • 花  色:淡桃色
    • 花  底  部:黒味がかる色
    • 草  丈:10-20cm
    • 開花時期:3月下旬〜4月下旬(やや早咲き)
    • 開花日数:—
    【特徴】

    淡桃色の花色に、中央は黒みがかるため落ち着いて上品を感じさせます。

     

    気になる方はこちらから
    販売時期(9~10月頃)のお取り寄せになります

    最後に

    原種チューリップは小さいからこそ愛らしく、優しい花色が温かな春を賑わってくれます。今回、数種類をご紹介しましたが、原種チューリップは草丈が短く地際で咲くタイプ、スレンダーで背丈があるタイプ、花色も赤、白、黄色、ピンク、紫、青など様々でグラデーションやツートーンなどバリエーションが豊富です。一般的なチューリップの育て方と基本は同じでコツが分かれば枯らさず愛らしい花を見ることができますので比較的、簡単に育てることができます。また原種チューリップは土に植えたままで年を越し、2~3年は開花しますので楽しみが増えますね!

    育てたい原種チューリップが見つかると嬉しいです。

    情報は適時更新していきまーす。
    おしまーい。

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめ記事