ハローワーク求人に騙された!必ず確認すべき基本給と労働条件の嘘

ハローワーク求人票を基に仕事を探すと、入社してみたら「求人票の条件と違った!」という事例は多いものです。せっかく入社したのに条件が違って「求人票に騙された」と思うのも当然。今回、ハローワークの紹介で入社したけど雇用契約条件が違ったことや求人票には記載がなかったことなど入社して初めて気づくハローワーク求人票に隠された真実をお伝えします。

みんな、気をつけてね (*´∀`*)

スポンサーリンク

誤認を招く求人票①賃金(a+b)に注意 

基本給は固定級と諸手当の合計だった

求人票で最初に確認する項目は「お給料」と「仕事内容」そして、「育児休業の有無」だった私…。何を優先するかは人それぞれだよね!
それはさておき、さてさて、なにやら「お給料高め」で「事務職」の求人票を発見 Σ((○゚∀゚σ)゚

おぉ!!期待していた「育児休業の実績もあり」
ご縁がありそうな求人みーっけ(゚∀゚*)ノ

詳しい内容はこんな感じ

ハローワーク求人票の給与や保険
・基本給(a)
   基本給   17万円
・定期的に支払われる手当(b)
住宅手当 6,000円
責任手当 3,000円
⇒総支給額(a+b) 179,000円
・交通費  25,000円
(上限あり・実質額)
・昇給、賞与あり
・雇用、労災、健康、厚生、財形、厚生年金基金、退職金共済、退職金制度 あり
お給料も高めで社会保険の加入もあって、まして、退職金制度もあるなんて!!
さすが、N社 (p*´∀`*O)p
N社は、名のある昔からの会社だし、それなりに規模が大きい会社だから勤めるには最高案件だよね。すぐにハローワーク職員から紹介状を頂き、トントン拍子で面接、そして内定。
イイ感じに内定ををいただいたけど、なんかN社に不安を感じている私。
なぜなら、求人票と面接だけでは、隠された会社の内部事情って分からないからです。(;゚ロ゚)
N社の初出社日に雇用契約書を渡されました。

人事
雇用契約書や身元保証人、任意保険の確認書など書類が入っているから記入と押印をして近日中に持ってください。
そのとき、ハッと目を疑ったのです。
ええええええええーーーー!!
どういうこと??
雇用契約書の給与を確認すると、
基本給が、106,000円

って、どういうこと!!!!!!
基本給は17万じゃなかったの?
(心の声が漏れそう)

だけど、その時は、場に任せたまま雇用契約書を受け取って退室。

雇用契約書を確認するとこの基本給にいろんな諸手当がついて総支給額は191,000円ぐらいでした。
ハローワーク求人票の総支給額より実際の雇用契約書の方がお給料が高いけど、基本給の額が全然違ったのです。それって、問題ありだよね!?
実際の雇用契約書の給与形態
 基本賃金   106,000円
諸手当
・調整手当 ・・・・円
・努力手当 ・・・・円
・満勤手当 ・・・・円
・住宅手当 ・・・・円
・通勤手当 ・・・・円
・責任手当 ・・・・円
⇒総支給額 約191,000円
私の地域で「事務職」の相場で、総支給額は高めでトップレベル!
総支給額から判断すると、問題が何もないんだよね。
人事からお給料に関して説明があったことは次のこと。

基本賃金の月給と調整手当が、当社の基本給になり固定です。休むと、努力手当と満勤手当が減額で支給されます。
そう言われても…。
まず、雇用契約書の基本賃金と調整手当を合わせても、ハローワーク求人票の基本給17万にならないんだけど・・・

基本給が少ないけど、総支給額が多いだけでも条件はいいうちなのかな…どうしよう。

そうなんです。「どうしよう。」なんです。悩むどころか困ってしまいますよね。
総支給額が高くても基本給が低いメリットなんて一つもありません。
デメリットだらけ。これから基本給が低いとどうなるのかのデメリットをまとめましたので紹介します。

基本給が低い賃金形態はデメリットだらけ

1基本給が少ないと賞与(ボーナス)が減る

基本、賞与(ボーナス)は、基本給をもとに計算されます。
例えば、ボーナス2カ月分って書いてあっても、基本給がどのくらいかでもらえる金額が変わってくるんですよね。
基本給が10万だと、10万×2カ月=20万円。
基本給が20万だと、20万×2カ月=40万円。
1年でも20万の差があります。
5年勤務したら20万×5年=100万円。
100万円の差って大きいですよ!!

基本給って大切すぎる(*・▽・*)☆

2基本給が少ないと時間外手当(残業代)が減る

そして、時間外手当(残業代)も基本給をもとに計算しますので時間外手当も減っちゃうんです。

時間外手当(残業代)の計算方法
給料(時給)×1.25(割増率)×残業した時間=時間外手当
基本給が少ないために、残業代も少なく支給されることになります。
めちゃくちゃ損だよ…(ฅωฅ*)涙

3基本給が少ないと退職金が減る

退職金制度がある会社に勤務するなら、なおさら基本給を意識した方がいい!
なぜなら、退職金も基本給をもとに計算されるから。

お給料や残業代、退職金の計算って、なにもかもが基本給で計算されるんだね。

4手当は自由に調整・減額できる

忘れないで欲しいことは、「基本給以外の諸手当は、会社側の都合で自由に調整できること」つまり、会社の方針で「減額できる」のです。

手当には、調整手当、努力手当、満勤手当、住宅手当、通勤手当、責任手当、営業手当、役割手当、食事手当など様々な手当があり会社が独自で定めることができます。万が一、これらの手当がなくなってしまえば、基本給だけの総支給額になってしまいます。

基本給は高い方がイイに決まっている!

5基本給が少ないと昇給が減る可能性がある

昇給はあらかじめ固定額が決まっている会社もあります。
例えば、1年で5,000円ずつ基本給が上がるなど

一方で、基本給×〇〇%で算出する会社もあります。つまり、基本給が少ないと昇給額が少ない可能性がでてきます。

労働者にとって、基本給はこんなに重要問題なのに、どうして会社側は基本給を明確に提示しないのか不思議ですよね。
「基本給額をちゃんと提示してよね!!」(#゚Д゚) プンスコ!と言いたい。

勤務時間と時間外以外の労働時間がある

話を元に戻して、入社初日、契約書を頂いて自分の席に着くと、お隣の事務職の女性から勤務時間について説明がありました。

作業員が全員、会社に戻ってきてお金の計算が終わらないと帰れないから。ちなみに、朝は作業員にお金を渡さないといけないから早めに来て準備します。
ええええええええーーーー!!
7:45までには出社して、17:45頃の退社
って、どういうこと??
(またもや、心の声が漏れそう)
雇用契約書の勤務時間を確認すると、
8:30~17:00

だけど、その時は、納得したかのような雰囲気で「はい。分かりました」と一言。
ハローワーク求人票と全然違っていたのです。

それも、早朝と夕方の労働時間外の勤務は、「時間外労働の申請をしない」で社員して口をそろえていたのですw(゚ロ゚;

従業員のみんな!団結するところはそこじゃないよ~。。

就業規則にはない暗黙の労働がある

ハローワーク求人票の就業時間
 変形(1年単位)
 8:30~17:00
 時間外あり 月平均3時間
ハローワーク求人票の記載では時間外も少ないし、朝8:30から夕方17:00までの勤務時間(休憩60分)だったので、保育園に通う娘ちゃんにも無理がない時間帯でママは勤務できそうと思っていました。

N社の就業時間の条件から、「仕事と子育ての両立」ができそうと判断して求人に応募したんだよね!!

実際の雇用契約書の就業時間も就業規則にもちゃんと「8:30~17:00」と記載がありました。
実際の雇用契約書の就業時間
 変形(1年単位)
 8:30~17:00
 時間外あり 月平均3時間
しかし、問題はここからです。
「就業規則上は8:30~17:00」だけど、実際は違ったのです。
現実と理由は次の通り。
現実の就業時間
・出社は、7:50まで(出勤日は毎日)
⇒ラジオ体操や事務員は作業員にお金を渡す準備があるため
・雑用当番の人は、7:40までには出社すること
⇒週2日は当番という仕事がある
・退社は、17:40ごろ
⇒作業員が17:00に現場から会社に戻ってきてからお金の閉めをするため
入社して初めて知った事実。

叫びたくなるでしょう!!!!!!!

それも、皆、残業代の申請していないんだよね。だから、私だけ残業代を申請するのも変だし。残業代の申請ができない職場環境。

そこで、言われたのが次のこと

用事があるときは17:00に帰ってもいいからね。就業規則は17:00までなので。だけど、その時は、主任に相談してね。
就業規則は17:00までなのに。規定通り17:00に退社するときは特別な理由が必要でかつ主任に一言、許可をえないといけないって―
ええええええええーーーー!!
どういうこと??
ねぇ。やっぱり、叫びたくなるでしょうヽ(・ω・ヽ*) 
「残業あるなら、残業有りって初めから記載して!!」
「残業代が支給されるなら、残業大喜びだよ。」(#゚Д゚) モー!と言いたい。

その他にも求人票に記載がなかったことが次のこと

休日に会社行事・町の奉仕活動が多い

会社の規定では、日曜・祝日がお休みなのですが、その日に限って会社のイベントもしくは町の奉仕活動が入っていること。あと、政治団体に関与しているとか…。

ええええええええーーーー!!
どういうこと?? (´゚д゚ )ノ
その他、求人票に記載がないこと
・休日での会社行事の多さ
・町の奉仕活動への参加
・政治への関与
・会社関連企業の会員に自動的に入会
⇒お給料から会員費が自動天引き
スポンサーリンク

最後に

ハローワークの求人票に限ったことだけはないと思いますが、ハローワーク求人で入社すると、実際の雇用契約書が違ったり入社して初めて分かることがあったりするものです。

そのためにも、ハローワークの求人票に記載されている条件や内容が真実なのかを確認する必要があります。

ハローワーク求人票の嘘を見抜く確認事項
①総支給額の給与
基本給の記載があるが、手当も含めた基本給額になっていないか
 基本給はいくらなのか
②就業時間
 就業規則上の時間を記入しているだけで実際、会社にいる時間はどのくらいか
③休日出勤の日数
 休日出勤がどのくらいあるのか
 会社行事や町の奉仕活動などイベント行事がいつあるのか、その時間帯は。

入社しても分からないことは多いと思いますが、私のように入社してすぐに退職する結果にならないためにも、「基本給」「実質労働時間」「休日出勤の日数」「会社行事・イベントの日程や時間」だけでも面接の時に聞くと後悔せずに済むのではないでしょうか。もしくは、ハローワークの求人相談係から聞いてもらう!

初めてのハローワークの求人票からの入社で、まさか求人票と給与や就労時間が違うことがありうるなんて知らなかった私でした。

ちなみに、N社は入社2日目で退職(辞退)しちゃいました^^

もう、ハローワークの求人を活用する機会がないことを祈っているけど、もし再びハローワークを利用するときには、求人票に書いてある条件には十分に気をつけよっ。(・ω・。*)
おしまい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事