スノークリスタルは純白で花弁のギザギザと丸っこさが特徴のチューリップ

鮮やかな花色があるチューリップにぽつんと白色のチューリップが咲いていたらと思うとホワイトチューリップを育てたくなりませんか。寄せ植えでも白色は扱いやすく、初めての方でもバランスの良い配色を整えることができます。今回、フリンジ咲きで多弁なチューリップの品種:スノークリスタルを植えたので育てレポを書きました。スノークリスタルを育てたいと迷っている方やどんな花が咲くのかを知りたい方は是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

特徴

フリンジ咲きとは、花びらにギザギザがあって開花時に大きく花開きをせずにコンパクトのまま咲き続ける特徴があります。花がぱかって開かないので丸っこくカップのような咲き方をしています。フリンジ咲きの特徴をもつスノークリスタルは草丈が30~35㎝。晩成型で4月中旬から後半に咲きます。

購入したスノークリスタルのパッケージ
 


一重咲きのチューリップと違ってボリュームがある花の形をしています。商品パッケージと同じようなチューリップが咲くと嬉しいなと球根を購入。1球あたり約100円(込)とちょっと高めのお値段でした。

蕾観察 1

白咲きのチューリップは、全体的に淡いグリーン色をしています。3月下旬、一番最初に見つけた蕾をご紹介します。葉っぱはとても元気で蕾の時から清潔感がありあっさりとした印象を感じます。

スノークリスタルの蕾。コロンとしていて可愛いです。蕾の中央に少しですが花弁のギザギザが見え隠れしています。

 

4月上旬。蕾を見つけてから約14日目。
約2週間してから蕾がふわっと開き始めました。ぎゅぎゅと詰まった感じが八重咲きという感じでイイですね。

 

蕾観察 2

同じフリンジ咲き&八重咲きのチューリップと寄せ植えをしていたスノークリスタル1球。4月上旬につぼみが膨らんできましたが、なかなか咲いてくれなかったんです。

4月上旬、大きな蕾がそろそろ開きそうです。上記の蕾観察1では4月7日に開花していたので明日には咲くのかなと期待していた蕾。

 

観察記録によると、翌日に咲く気配がなく、開き始めは翌週の4月11日。スノークリスタルのお隣に植えているチューリップの方が先に開き始めていました。

 

スノークリスタルのお隣に植えている花弁にピンク色がかかったチューリップはクリスピオンラブという品種です。

花開き

気温や天候にも左右されると思いますが、スノークリスタルは蕾の立上りから花開きまで約2週間かかりました。

スノークリスタルの花開き。夕方に撮影しました。純白の花色が目立っていてキレイです。フリンジ咲きの八重咲きの特徴を持つチューリップの違った一面を見ることができました。八重咲きはボリュームがあってチューリップとはいえない植物みたいです。面白みがありますね。この時、草丈は約30㎝。

 

開花から2日後経過したスノークリスタル。この日は雨だったので花びらに雨水がついています。雫が反射して白色の花弁がより艶がでて輝いて見えます。

 


もう少し、スノークリスタルの開花写真をご紹介いたします。お付き合いいただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

寄せ植えした印象

他のチューリップと寄せ植えをしたスノークリスタルの様子です。

コロンとした真ん丸い感じが他のチューリップとは違った咲き方なので、すぐにスノークリスタルの品種だと分かります。スノークリスタルは分かりやすい特徴があるので、プレゼントするときもどんなチューリップなのかの要素と魅力をお伝えできます。

 

翌日、また少し開き始めました。上から見るとカリフラワーみたい(笑)

 

天気が良すぎて、花がだいぶ開いています。今日は薔薇に似ているかな。

 


お隣のピンク色のチューリップは八重咲フリンジ咲きのピンクマジックという品種。

正午になると太陽の光を浴びて花がだいぶ開き始めました。雌しべが見えないぐらい花弁が多いです。

 

翌日、コロンとした花が咲きました。可愛いですね。

 


寄せ植えは同時開花という難しいポイントがあり、工夫が必要です。本年、育てた品種の中ではスノークリスタルと同じ時期に咲き始めるもしくは咲いている段階だったチューリップの品種は、クリスピオンラブ、クミンズ、ダブルシュガー、プリティウーマン、ダブルフォーカス、トップリップス、モンテオレンジ、アンジェリケ、マリリンでした。

同じような咲き方をする品種はなかったのですが、蕾の段階で花束にするとイイ感じにおさまりました。

 

最後に(まとめ)

スノークリスタルの花開きの写真をたくさん載せましたがいかがでしたか。球根から育てましたが病気にかかることなく無事に開花しました。草丈は伸びて30~35㎝。花持ちは約1週間というところです。

スノークリスタルは浅めのカップ咲きで花の大きさは直径6㎝。花弁が多くコロンとした真ん丸い印象を与えるチューリップが魅力でした。

おしまーい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事