「子育てしやすい会社」とは?ママが転職先に望む理想の条件BEST3
職場環境に悩んでいる子育てママは多いと思います。「子育てしやすい会社」に勤めたいと転職を希望することもあります。そんな時、どんな会社であれば「子育てしやすい会社」と言えるのかママが勤めたい理想をまとめてみました。

第1条件:子どもの傷病で急に休める会社

第1条件は「子どもの傷病や体調不良の時に、ママは気持ちよく会社をお休みでき子どもの看病ができること」

うわぁっ。一つの条件の中に要望がたくさん盛り込まれているような…。
「子どもの体調不良でお休みをいただける会社」「急に会社を早退したり休めたりできる会社」「早退するときは気持ちよくママを送り出してくれる会社」であって欲しい•̀.̫•́✧

「子育てしやすい職場」の第一条件、ハードル高ッ☆だけど、大切なことですよね!
子どもは急に熱を出したり、保育園から病気をもらってきたりと毎月何かしら体調を崩してしまうものです。会社勤めのママにとって、勤務中に保育園からかかってくる度重なる「急なお迎えの電話」で精神的に苦痛になってしまうことがあります。

保育園からの呼び出しの時は気持ちよく帰りたい!
子どものお迎えが嫌なわけでも看病をしてあげることが嫌なわけではないんです。ただ、急なお迎えで会社を早退しないといけない時に、職場から嫌味を言われたり、職場の雰囲気が悪くなってしまったりするのが辛いんです。早退や会社をお休みして、迷惑をかけてしまっていること自体に申し訳なく思っているのに、嫌味や職場の雰囲気が悪くなることで、ママ自身が追い込まれてしまうことがあります。
働くママ

第2条件:育休を1年取得できる会社

第2条件は「育児休業を1年取得ができる会社」

育児休業を1年取得をしたいけど、会社の社風や職場の雰囲気、人材問題で育児休業を1年間もらえることが難しいことって多いものです。

「もぅ。そんなに欲張らなくてもいいんじゃない。復帰できる職場があるだけでもありがたいんだから。」と思うかもしれませんが、生後10カ月で娘ちゃんを保育園に預けた私の経験から、「できれば1歳になるまでは手元で育てたい」と望んでいる方は多いと思います。私もその一人だったから。だけど、生後10カ月で娘ちゃんを預けたことに対して後悔しているわけでないよ~(ó㉨ò)

産休育休を取りやすい会社の雰囲気がいいな
産休育休を取ることを快く思ってくれること!それって、子育てを応援してくれるってことだから。
働くママ

第3条件:土日祝、お盆、GW、正月が休みである会社

第3条件は「土日祝がお休である会社」そして「お盆・GW・正月の長期休暇がある会社」

休みが多い会社は自分のプライベート時間も楽しめるっている理由から皆に羨ましがられることがありますが、働くママの視点ってちょっと違っているんです。

土曜・日曜・祝日、お盆、GW、正月って、保育園や幼稚園、学校がお休みだから子どもが家にいるってこと!なんです。つまり、この日は子供の面倒をみなきゃいけないんです。もし、会社が勤務日であれば誰かに子どものお世話を頼まないといけないし、預ける場所を探さないといけない…そんな悩みがでてくるんです。

暦通りの出勤日だと子どもの面倒を看れるんだけどな
保育園や幼稚園、学校が休みの日は、子どもの面倒を看ないといけないので会社も休日であれば嬉しいです。夏休みや冬休みは学童に入れるしかないけど、暦通りの休みは子どもの預け先を探さないといけなくて毎回、大変です。
働くママ

その他:こんな会社だったらいいなと思うこと

その他の働くママ達がこんな会社だったら子育てしやすいよね。という意見はこんな感じ。

スタッフが協力的な会社
いばるおばちゃんがいない会社
意地悪な人がいないこと
働くママ
有給が使える会社
有給は1時間単位で取れる会社
働くママ
定時で仕事が終わる会社
残業がない
残業をほぼしなくても経営できる会社
働くママ
スポンサーリンク

最後に

子育てママが、働く上で会社に望んでいることは「子どもを優先できる会社」であり「子育てに協力的な会社」でした。その中でも、会社にお願いしたいことは「子どもの体調不良で急なお休みを頂くときにイヤな顔をしていんで欲しい」という願いでした。

ママが願う子育てしやすい会社の3つの条件
子どもの傷病や体調不良の時に、ママは気持ちよく会社をお休みでき子どもの看病ができること
育児休業を1年取得ができる会社
土日祝、お盆、GW、正月など長期休暇がある会社
「子育てしやすい会社」とママ達が思える理想の会社が、今の社会にたくさん増えてると子持ちママは社会にでれる機会が多くなるはずです。まだまだ、子育てしやすい会社、そして社会とは言えない世の中ですから。会社が「女性が働きやすい会社」として働き方改革を意識して欲しいですね。子育てしながら働く女性って少なからず多いんだから!!
おしまい。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事