チューリップのしゃくやく咲きとは?表示があった4種類を育てた特徴

チューリップ球根の表示ラベルに「しゃくやく咲き」と記載があったので、新しい品種の花形の特徴を示しているのかと思ったら実は違ったんです。しゃくやく咲きの意味とは、そしてしゃくやく咲きと書かれたチューリップを4種類育ててみましたのでどんな花が咲くのかをご紹介します。

スポンサーリンク

しゃくやく咲きとは

チューリップ球根の陳列棚にひと際目立つ可愛いチューリップが4種類売っていました。そこには「しゃくやく咲き」と記載があったんです。

「しゃくやく咲きチューリップ」
パッケージもお上品ですね!
   

しゃくやく咲きチューリップと表示がある品種:1.ラ・ビー(ピンク色)、2.ダンスライン(白色)、3.フォクシーフォックストロット(黄色・オレンジ色)、4.ドリームタッチ(濃い紫に白縁)の4種類です。しゃくやく咲きと記入があると気になっちゃいますよね。それでつい購入してしまったのですが、咲いて気づいたことが「イメージしていたしゃくさく咲きと違う」ということでした。Σ(゚д゚lll)ガーン。。パッケージのチューリップは満開状態の写真ではなく蕾から少し花弁が開き始めた状態だったので、満開になった時は芍薬(一人でイメージしていた芍薬の花)のように咲くのかなと思っていたのです。

イメージしていた芍薬。
   

写真AC:komeさんphoto引用

後から知ったのですが、シャクヤク咲きとはいろんな咲き方があるみたいですね。

シャクヤクの花の咲き方

一重咲き:花弁は8~18枚で、おしべは花弁化していません。
半八重咲き:一重咲きよりは花弁が多く、おしべは花弁化していません。
金しべ咲き:一重咲きですが、おしべは太くやや花弁化し、黄金色になっています。
翁咲き:おしべが細長く花弁化しています。花弁とは違う色になります。
冠咲き:翁咲きより花弁化が進み、丸く盛り上がっています。
手まり咲き:冠咲きよりさらにおしべの花弁化が進み、花弁との区別が付きにく形です。
バラ咲き:完全なおしべはなく、全体がバラのような形です。

さて、肝心なチューリップのパッケージに記載があったしゃくやく咲きは「八重咲き」を意味しているようです。いわゆる、八重咲きを別名しゃくやく咲きとして、八重咲きのイメージを伝えるためにしゃくやく咲きと記載していることが分かりました。

近年注目の八重咲きの中でも特に華やかな色合いの品種を選択し、しゃくやく咲きと名付けました。

普通に「八重咲き」と表示すればいいような・・・。しゃくやく咲きと記載があったので興味本位で買っちゃったよ~。
ということで、次の章ではどんな花が咲いたのかご紹介します。

1.ラ・ビー(ピンク色)

可愛らしいピンク色で春らしさを感じさせる「ラ・ビー」はパッケージと違った色が咲きました。購入した4種類の中で一番最初に手に取った品種でしたが、パッケージのイメージと実際に咲いたチューリップが違うことってよくある話なので仕方ないことですね。

イメージは違ったのですが、ラ・ビーは蕾がとっても豪華でボリューム感がありました。

幾度も重なる花びらで作られた蕾

蕾の写真(左側の蕾)

蕾の写真(拡大します!)

咲いた花の色は紫だった

咲いた印象。
花の大きさは直径約8㎝
 
*横に並んで一緒に咲いているのは、3.フォクシーフォックストロットです。
スポンサーリンク

2.ダンスライン(白色)

ダンスラインとタイトルを設けていて申し訳ないのですが、咲きませんでした。。球根のパッケージ裏を後から見たら「薬剤処理なし」と記載があったので病気になってしまったのかもです。掘り起こしても球根は見つけられませんでした。

球根腐敗病で溶けてなくなってしまったのかな。。

3.フォクシーフォックストロット(黄色・オレンジ色)

黄色にオレンジ色のチューリップ、フォクシーフォックストロットの紹介をします!4品種の中で一番、お気に入りです。咲き進むと花色が変わってきますので毎日、飽きずに楽しむことができます。

変わりゆく花色が美しい

蕾が開き始めました。花色は明るい黄色。
 

開花4日目
 

開花6日目
 

開花7日目
 

開花8日目
 

開花9日目
 

4.ドリームタッチ(濃い紫に白縁)

覆輪が際立つルビーレッドが美しいドリームタッチは花の形が乱れることなくコンパクトに咲いてくれました。

際立つ覆輪がお上品

花開きの様子(4月8日)
 

花開きの経過を観察していきます!
 

徐々に花弁が外に開き始めました(4月9日)
 
覆輪の白色が入る2色咲き(4月10日)
 
開花4日目を迎えました
 

 

最後に(まとめ)

しゃくやく咲きチューリップは八重咲きという意味で、「芍薬に似たようなチューリップが咲く」ということでした。4種類のうち、ダンスラインは花を見ることができませんでしたので次回の楽しみにしまーす。

おしまーい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事