子どものための転職!ママが失敗しない仕事選びで大切な一つの条件

「仕事と子育て」の両立を目指して就職するママは多いものです。入社2日で退職をしてしまった時に初めて気づいたことが、「子どものために早く帰れる職場」「子どもの傷病で休める会社」に就職することが必ずしもママと子どものためになるわけではなかったことでした。「子どものため」だけを考えていると「子どもと関わる自分の余裕」や「自分の考えや気持ち」を二の次にして忘れてしまっていることがあります。今回、子育てと仕事を両立できる職場に就職し、長く勤めるために本当に大切なことは何かをまとめました。

*子育てしやすい職場に転職した時に「仕事と子育ての両立」の本当の意味を考える機会がありました。「本当の意味」は、あくまで私個人としての考えです。自分を見つめ直す機会になった記事でもあります╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
スポンサーリンク

「子育てしやすい会社」に入社して気づくこと

「よし!今度こそ、子育てしやすい会社」に転職しよう!と決意した私は、子育てしやすい会社の条件をクリアした会社に無事、入社することができました。

子育てしやすい職場に勤めた結果

やっと「子育てしやすい職場」に入社できて大満足の私だったはずが…。なぜか心に穴が開いた気持ちでした。

子育てしやすい会社だと思える条件をクリアしているはずなのに…。
子どもとママにとって働きやすい職場体制に勤務できて恵まれているのに…。
お給料もいいし勤務時間も子どもに支障を与えるものではないのに…。
小さいな子どもがいながら正社員勤務で有難いことなのに…。

なにか引っかかるのです。
悩んだあげく、答えがでてきたのです。
「あっ。この仕事、私の性格的にこの仕事は向いていないかも」ということ。
その理由の一つに「自分に合った仕事内容や会社の雰囲気」が違ったからでした。

そんな理由で私は入社2日目で退職してしまいました。
まぁ…。他にも理由はあるけど…(,_,*)

そこで、深く掘り下げて考えてみました。
理屈で説得しているのかもしれませんが、お付き合いください(*´ω`*)

自分にとって有意義な仕事なのか

できる仕事と向いている仕事は違う

「仕事内容も納得して入社したけれども、いざ働いてみると違っていた!」ということはよくある話です。仕事内容に納得したという私の決断は「自分にできる仕事であるかどうか」が判断の線引きでした。つまり、自分にできる仕事であるから入社を決意したということです。

前職で「企画事務」をしていたから、同じ事務という位置づけで転職先での「一般事務」も簡単にこなせる業務という認識でいました。

そんな考えで「自分にできる仕事」だったから入社した私は、気づかされたのです。「できる仕事」と「向いている仕事」は別物であるということ。例えば、ほとんどの方がコンビニのスタッフ業務はできることですが、その業務を自分が楽しく長く続けていける性格であるかどうかということです。つまり、仕事業務内容をこなせるかどうかではなく、職種の不向きを意味していると考えました。「仕事と人の相性」と言い換えても過言ではない気がする(。・ω・。)

できる仕事とやりたい仕事は違うということなんです。
結論をまとめると、次のこと

自分が本当にやりたい仕事かどうか?

退職理由は「自分が本当にやりたい仕事」「やってみたい仕事」ではなかったということが根本的な理由でした。
せっかく、子育てしやすい会社に入社できたのに。

読者の方から「社会人なんだから入社前にちゃんと自己分析しなさいよ!」って怒られて当然だと思いながら記事を書いています(≧Д≦)筆者のレベル低くぅって思われているかもです。ごめんなさい(_ _)(_ _)

スポンサーリンク

「仕事と子育て」を両立できる本当の意味とは

 

普通、本能で「自分のやりたい仕事」を選ぶでしょう!って思うよね。ってところだけど、「子育てしやすい会社」に勤めること自体に重きを置き優先して会社選びをしていたため「本当の自分の気持ち」を二の次に考えてしまっていました。せっかく「子育てしやすい会社」に入社できても長く勤めることができなければ、意味がない転職になってしまいます。

ママが「気合いを入れてやりたい仕事」に勤めること

伝えたいことは、「仕事と子育て」を本当の意味で両立できる職場に長く勤められる仕事選びをするために「本当に自分がこの仕事をやりたいのか」を考えて欲しいことです。

もちろん、子育てしやすい会社という条件もクリアしている会社ね。

働くのは本人です。働く以上には、「自分のやりたい仕事」「情熱が入る仕事」「やる気がでる仕事」に就きたいですね。子育てしながら仕事をするために、仕事は長く続けて楽しく働きたいもの。

もちろん「子育てしやすい会社」に勤務することが前提ですが、ママ自身の気持ちや人生を大切にして欲しいと思います。

最後に

子育てと仕事を両立するために、ママは子育てにも仕事にも満足しながらやりがいを持って過ごすことが大切です。ママに心の余裕ができると子どもへの接し方も変わり、お互いにハッピーな気持ちになれますょッ子どもは五感で、ママの心を読み取っているのですから( •ω•ฅ)ママがハッピーなら子どももハッピーだよ。

「子は親の背中を見て成長する」と伝えられている通り、ママが仕事で悩んだり疲れたりしている姿を子どもは見ています。できれば、明るく頑張って生き生きとしているママの姿を子どもに示すためにも、仕事選びを失敗しないように「自分の心」も大切にしてくださいね。

「仕事と子育て」が叶うママに必要な一つの条件は、「自分の心」に素直になることでした!もちろん、子育てしやすい会社環境も必要です。
大切なことは「自分がやりたい仕事に就くこと」
仕事と子育てを楽しく長く続けられる秘訣だよね!

おしまい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事