証拠や記憶なし!気づかない当て逃げで謝罪と請求をされた対処法

交通事故と同様に「当て逃げ」をしたくてする人はいませんが、意図せずに「当て逃げ」をされたと判断されることもあり、被害者・加害者となってしまうこともあります。今回、当て逃げと呼ばれる理由・処罰・時効の解説や身に覚えのない当て逃げで加害者扱いされたり、被害者から脅迫の電話や嫌がらせを受けたりしたときにすべきことや対処法をまとめました。ご参考までに投稿します。

スポンサーリンク

当て逃げは違法行為

当て逃げと呼ばれる理由

「当て逃げ」は、運転中・停車中の車が、他の車両やガードレールなどの標識である建造物を損傷した時に、警察への報告もせず、その場を去ってしまう行為(=危険防止措置しない行為)のこと。人身事故でも物損事故でも危険防止処置義務と報告義務は道路交通法上の義務なので、その義務を果たさず立ち去ってしまうため「当て逃げ」と呼ばれています。

危険防止措置義務:運転手が、交通事故を起こした時に、現場に停車して事故で生じた周囲の危険を取り除いたり防止したりする義務のことで、道路交通法72条1項前段に定められています。具体的には、事故により道路に散らばった破片やモノを撤去したり、車を路肩に寄せて交通の妨げにならないようにしたり、発煙筒や三角表示板で事故や後続車に周知するなど他の車の交通の妨げにならないように危険を防止する行為のことです。
報告の義務:交通事故を起こしたら、必ず警察に連絡する義務もあり、道路交通法72条1項後に明記されています。

危険防止措置義務違反の罰則
・1年以下の懲役刑または10万円以下の罰金刑
(道路交通法117条の5第1項)

報告義務違反の罰則
・3か月以下の懲役刑または5万円以下の罰金刑
(道路交通法119条1項10号)

当て逃げの罰金・減点・時効

当て逃げをした運転手は、道路交通法に違反しているため犯罪であり、罰則規定は「1年以下の懲役又は10万円以下の罰金」です。場合とケースによりますが、通常は罰金となることが多いようですが罰金も前科になります。

交通事故の中でも、他の車両やガードレールなどの標識である建造物を損傷してしまったなど一般的な物損事故であれば運転免許の点数は加点されません。しかし、当て逃げと判断されると安全運転義務違反で2点、危険防止措置義務違反で5点の合計7点が加点され、前歴がない運転手で合っても7点の加点だと30日間の免許停止処分となります。しかし、物損事故をした際にきちんと報告さえすれば免許の点数は加点されず、罪にはならないとのこと。

当て逃げをした場合の刑罰
〈行政処分〉
・当て逃げによる違反点数:5点
・安全運転義務違反:2点
〈刑事処分〉
・当て逃げの刑事罰:懲役1年以下又は罰金10万円以下の罰金

道路交通法第117条の五一号

当て逃げの時効ってあるの?

「当て逃げ」をされた被害者は犯人を捜すために時効を気にすることになると思います。民法724条によると、車の当て逃げの損害賠償の時効は「3年」と規定されています。被害者側が損害および加害者を知った時点より3年となっており、当て逃げをされてから加害者不明の場合、事故が発生した翌日から起算して20年が経つと全ての請求権がなくなってしまいます。

気づかない当て逃げで加害者になった対処法

この記事で伝えたい本題はココからです!
(今まで長く書いてごめんなさい><。)
今回、「記憶にない当て逃げで犯人扱いされて困っている方」に是非読んで欲しいと思い記事にしました。執筆者は、法律の専門家でもないし弁護士でもない、ごく普通の一般人なので、これが最もよかった解決法かは分かりませんが、一つの事例として参考までに読んでください。
当て逃げで犯人扱いされた!
車を当てた記憶がないのに、「ミラーを当て逃げされた」「謝らないなら警察に言う」「今は壊れていないけど、後々壊れたら弁償して!」と第三者を介して報告し、さらに脅迫気味に何度も電話を家族にしてきました。電話してきたのは当て逃げされたと主張する運転手(Bさん)ではなく、運転手の親(Bさんの家族)。Bさんの家族は、当て逃げをしたと思われる運転手・本人(Aさん)ではなく、その家族(Aさんの家族)に電話をしてきたのです。こんな時どうしたらいいの?

経緯

複雑な案件なので先に、登場人物をご紹介しますね。

登場人物
・Aさん:身に覚えのない当て逃げで犯人扱いされている
・Aさんの家族:Aさんの家族
・Bさん:当て逃げされたと主張する女性
・Bさんの家族:Bさんの家族
※関係性:AさんとBさんは従妹同士
※AさんはBさんの顔を覚えていなかったけど、Bさんは覚えている
※A家族とB家族は不仲

仕事が終わった夕方に、Aさんは自分の家族(Aさんの家族)から「当て逃げしたの?」と携帯で連絡を受けることに。しかし、Aさんは記憶になく当て逃げをした記憶や身に覚えがありませんでした。

Bさんの家族の話を聞くとこんな感じ。朝、仕事に行く通勤途中の細道での曲がり角でAさんとBさんの車とすれ違い、車のミラーが接触し、Bさんのミラーが閉じてしまった。Aさんが当て逃げをしたと主張するものでした。

Bさんの主張①
Aさんとは朝の通勤でいつもすれ違っていた
Aさんが曲がり角で自分のミラーと接触したのにも関わらずそのまま走行した
Aさんとは目があい睨まれた
上記、Bさんの主張は、Bさん本人ではなくBさんの家族が、Aの家族に連絡している内容です。Bさんの母親は、なぜかAさんの家族全員に連絡をしてきたのです。そして、自分の家族全員に連絡をもらったAさんは次の通りに主張しました。
Aさんの主張
今日は雨で見通しが悪かったが、通勤途中に車を当てた記憶はない
曲がり角で近い車はいたが車は当たっていない
Bさんの車も顔も覚えていないし、いとこだったとは気づいていない
目はあっていない。車の後部が当たらないように車の右ミラーを見ていた。
自分の車のミラーを確認したが、キズやヒビなど破損はしていない。
実はこのBさんの主張は、Bさん本人ではなくBさんの母親が、Aさんの家族全員に連絡してきたのです。この現状に晒されたAさんが困っているうちに、Bさんの母親からまたAさんの家族全員に連絡が入ったのです。
Bさんの家族の主張②
「謝罪を待っていたけど、謝らないのならば、警察に言いに行くだけです。Bさんの当てられたミラーはキズもヒビも入ってなく故障もしていないけど、今回の衝撃で後から壊れたら弁償してもらえればそれでいい。」
Aさんは身に覚えのないことで一方的に犯人扱いされ、家族にも迷惑をかけ、Bさんの家族の主張を聞いて精神的に参ってしまいました。そこで、Aさんは家族にもし電話がまたかかってきたらこう伝えてとお願いしました。
Aさんの主張
車を当て逃げした記憶はないこと
お互いにぶつけたという証拠がないこと
「当て逃げ」と犯人扱いと主張するなら、警察に届け出を出して欲しい。
警察に届け出をだしてもらって問題ない
Bさんの家族から電話がかかってきた時に、Aさんの家族は上記の通りに伝えました。すると、Bさんの家族は逆切れをし、事故とは関係ない話や親戚だから警察に言わないであげているのに。と主張してきたのです。
Bさんの家族の主張③
Aさんが悪いことをしたのに、謝ることができないって親のしつけはどうなっているの?
○○地域では貴女たちの評判は悪いって皆から言われているのを、私が「そう言いなさんな!」って止めてあげているのにねぇ~。
親戚だから警察沙汰にしないであげているのに
Aさんは困り果ててしまい、警察に相談をすることにしました。

事故関係でトラブルが起きたら、警察に相談しましょう。

警察に相談

Aさんが警察に相談した理由は次の通り。

Aさんが警察に相談した理由
お互いに「当て逃げ」という証拠がない、かつ記憶にないのにも関わらず一方的に「当て逃げ」と犯人扱いされている
Bさんが「当て逃げ」と主張するならば、まずは警察への届け出が必要なのに出していない
警察への届け出をしないで、仲介者同士でやり取りをし、一方的に請求されている
ミラーが壊れていないのに請求を要求されている
警察には言わないからと言葉を並べ、謝罪と弁償を求められている
Aさんは経緯をありのままにお伝えしました。すると、相談を受けた警察が行動に動いてくれました。

警察の指示に従い、Aさんは自分の家族からBさんの家族の携帯番号を調べてもらい、その番号を警察に伝えると、警察からBさんの家族に電話をしてくれたのです。

なんと、警察から連絡をもらった後にBさんの家族は、Aさんの家族に「警察から連絡もらったんだけど」と事後報告の電話をかけてきたのです。

 

実際に、当て逃げをされたと主張するBさん本人はまったく話題にでてこない現状

Bの家族はBさんの連絡先を「Aさんに教えたくない」とAの家族に電話で伝えています。

警察の対応

警察はBさんに電話連絡をし、警察署で事情を聞くことになりました。その後、Bさんの家族からAさんの家族には電話がかかってこなくなりました。

Bさんが警察署にいる間に警察からAさんに連絡がきて「警察署に来て欲しい」と伝えらえたが家を空けることができなかったため、後から警察署に行くことを伝えることに。そして、後から警察署に行った時に、警察から聞いたBさんの主張はこんな感じ。

Bさんの主張④
ミラーは壊れていないから、弁償をするつもりもないけど、ただ謝罪をして欲しかった
保険も使わない
それに対して、Aさんは答えます。
Aさんの主張
本当に、私が当て逃げをしたのであれば謝罪し、今回の事故で壊れてしまったのであれば弁償します。しかし、身に覚えも記憶もないし車にキズもないため「私が当て逃げをした」という証拠が分かりません。一方的に当て逃げとこじつけられているとしか思えません。そのため謝る必要はないと考えています。
警察官は、Aさんの車やミラーもくまなく確認し、キズは見当たらないとお話されました。しかし、今回の件は「物損事故」で書類を作るため、車の写真、ミラーの写真を撮り、免許証、自賠責のコピーを保管することになりました。
 
根拠となる確定の証拠もないのに、「物損事故」でまとめるのは警察としての仕事とのこと。話し方は至って上手で「物損事故にしたからって、過失の割合を決めているわけでない。過失の割合を決めるのは保険会社。」。。。気をつけたいことは、お互いに物損事故≒事故があったということを認め納得してるということを意味するとのこと。
後日、警察に再確認した
そこで、事件が起きた2日目に、もう一度「証拠もないと言われ、車の照らし合わせもしていないのに、物損事故として処理した警察側の理由は何ですか?」と尋ねると「警察が物損事故処理をするに当たっての理由は答えてくれず、納得していないんですね」とお話されました。そこで、もう一度、警察署に出向き話を伺うことになったのです。

上長の対応(物損事故処理となった理由)

警察署に車を持って行くと、車のミラーを再確認していました。
当てた記憶がなくても、残念ながら最終的な決断として次のようなことでも物損事故と判断するようです。

身に覚えがない当て逃げ扱いの事故が物損事故として処理される警察の判断
お互い、そこの場所を通った時間や場所が一致しているか、一致していなくても警察の許容範囲として一致しているとみなされる場合
車のミラーが当たったとされる場合、お互いのミラーの高さで約2センチは許容範囲とされる
ゆっくり走行して接触した場合はキズができないので、接触した時のキズとは判断できないが証拠不十分にならない(現場警察の判断)
車を見せた時に昔のキズがあっても証明ができない限り、今回の事件での接触によりできたキズだと疑われ、物損事故の可能性があると断定される(現場警察の判断)
車のキズは鑑定検査ができないから、視覚的に判断している
当てられた本人は本当に事故をしたと思わなければ、警察に「音がした」「ぶつけられた」と言わないという心境でしょうと警察は考えているが、一方では「当ててはいない」「当てた記憶がない」という意見も聞いているだから、「当て逃げではない」
事故現場で実証をしても、上記①~⑥で物損事故扱いになるということ(警察判断)
警察に「きちんと確定した証拠に基づいて物損事故」扱いにして欲しいと話したが、「結局はどのみち断定できる証拠はでない」とのこと。理由は「お互いスピードがでていないなら、断定できるキズが残らないから。そして、それを今から実証することもできない」とのことでした。それなら、証拠不十分だと思いましたが、「物損事故」として何かしらの形を残さないといけない様子。警察の判断や方向性を覆すことは難しい٩(๑`^´๑)۶推測で物損事故と判定しないで欲しい!と主張しても結局は警察の判断により決まってしまうことが今回のケースで感じられます。

気になった警察官の一言

気になった警察官の一言が「住所と連絡先を相手方にお伝えして、BさんからAさんに連絡をしてもらいますが宜しいでしょうか。」という言葉。Aさんはどうして連絡先を交換しないといけないのか警察官に尋ねると理由は次の通りでした。本来は、当事者同士で交換するため、警察が伝えることはしないが、今回は当事者同士で会うことができないため警察から連絡先を伝えることになるという主張でした。
事故ではお互いに連絡先を交換する
事故をしたら保険を使うため、お互いに連絡先を交換する
⇒保険での請求先の欄に、名前・住所・電話番号を書く必要があるから
しかし、警察官の話では「Bさんは壊れている箇所がないから保険を使わない」と確認が取れているわけだから、お互いに住所・連絡先を交換する必要がないってこと。
AさんはBさんの今までの対応を考え、警察にこう伝えました。
Aさんの主張
保険を使わないのであれば、相手方に連絡先を伝える必要はないこと
携帯番号は変えることができるが、住所は引っ越すことができないから嫌がらせをされたら困るので教えないで欲しい
しかし、本当に警察がAさんの連絡先をBさんに伝えなかったのかの確信はありません。
 
もし、担当した警察官に「本当に伝えていないか」の確認をした折り返しの回答が「伝えていません。」と言われても、その言葉を信用するかは別問題。警察官は仕事として対応しているのだから本当のところは見えない。
後日、警察に再確認した
そこで、事件が起きた2日目に、最後、警察に連絡をして、本当に連絡先を教えていないのか確認をしました。そしたら、上司の方が対応してくださり「はい。教えていないです」と回答されました。

Q&A

物損事故でまとめていますが、Aさんは悪くなるのですか?
過失の割合は、警察ではなく保険会社が決めます。今回は、保険会社を使わないので過失の割合はでてきません。
物損事故の弁償はどうなるの?
物損事故で発生した損害に対しては「自賠責保険」は使えませんので、任意保険に加入していない場合は「すべて自己負担」によって賠償をしなければなりません。
数日後にミラーが壊れたから弁償してと要求されたら?
その後ミラーが故障したとしても、今回の件が原因で数日後に壊れたという証拠がありませんので、その時は警察に相談してください。
Bさん家族がAさん家族を陥れようとしてきたようにしか思えない点、根拠となる証拠がない点でAさんは車をぶつけていないのにどうして「物損事故」として書類が作られたのか不思議でなりません。今回のケースを保険会社に相談をしたらこんな状況だと警察は「物損事故」として処理することがよくある事例とのことでした。Bさんの「ミラーを当てられた」という主張を受け止め、Aさんが気づかなかったという立場でごねずにまとめるのであれば「物損事故」としてまとめてもらうのが一番スムーズなのかもしれません。ただ、「物損事故」と書類が上がるわけですので、物損事故としてのその後の対応や事故、余談など気にする必要がでてくる点に注意しなければなりませんね。
スポンサーリンク

交通事故処理後の相談機関

警察相談窓口

しかし、どうしても警察官の対応に納得いかない場合は、苦情や御意見等を受け付けているので警察相談専用電話に電話してみるのも一つの手です。

警察相談専用電話
#9110

プッシュ回線の電話、公衆電話、携帯電話、PHSでつながり、24時間受け付けしています。
(土日,祝日を含む。)

交通事故専門の相談所

警察官に渡された資料として今後の相談窓口を紹介されたので、記載します。

日弁連交通事故相談センターは、「弁護士」が「無料」で「公正・中立」の立場で相談をうける公益財団法人です。自動車による交通事故の民事上の法律問題に関して 1:電話相談 2:面接相談 3:示談あっ旋・審査 の各事業を行っています。
〈6つのポイント〉
①国の認定を受けた公益財団法人のため公正・中立の立場で対応
②国からの補助金などで相談費用は無料(原則5回まで)
③豊富な相談実績:35,721件(H30)
④高い余談成立率:82.83%(H30余談斡旋実績)
⑤相談・余談斡旋は弁護士が対応
⑥全国に157カ所に相談所がある

気になる方は、公益財団法人 日弁連交通事故相談センターに問い合わせてもいいと思います。
 0570-078325
面接は全国に157カ所と書いてありますが、合同庁舎に出張もしているとお話されていました。

最後に(まとめ)

結論として、身に覚えのない「当て逃げ」で犯人扱いされたら、正直に「当て逃げをしていない」ことを伝えましょう。決して、中途半場な回答をしないことが大切です(•ᴗ•)そして、根拠や証拠がないということは善悪の判断、白黒の判断ができないわけですから、謝罪をしたり人徳を出す必要は全くありません。中途半端な発言が誤解を招いたり、言葉のニュアンスで違う方向に話を進められたりするものです。身に覚えのないことで加害者扱いされているのに「もしかしたら、、当たっていたのかな。」なんて、人当たりのいいことを言わないように注意しましょう。警察官は人柄ではなく、仕事柄がありますので、警察に伝える自分の考えははっきりと持ち、的確に主張しましょう。

警察官に助言として言われたことは「当て逃げ」の証拠を押さえるために、車には「ドライブレコーダー」を設置することがおススメとのことでした。

今回の件については、警察の立ち合いのもと、「当て逃げ」騒動に関して、お互いの車にはキズがついていないこと、口頭だけで的確な証拠が提示できないこと、また親戚同士という点で極めて珍しい事例であったことを伝えられました。

断定できる証拠がないのに「物損事故」としてまとめらることに納得できないでものです。警察は「物損事故」から一歩も引かない口調。お互いに車を並べて検証もしていないし、会ってもいないのに。。当て逃げされたという主張する方は、事故発生時に速やかな警察への報告をしていないのに、「物損事故」であるという根拠がどこになるのかな。。。本当、不思議を感じることもあります。

文末になりますが、この記事を読んでどんな感想をお持ちになるかは読者の方それぞれですが、今後の対策として伝えたいことは、加害者・被害者にならないためにも、ドライブレコーダーはつけた方がイイということ。社会はまだ理不尽で真実を語り認められるのは難しい世の中だから、自分の身を守るという意味でドライブレコーダーが必要な時代になっています。それと、今回のBさんの家族みたいな発言を録音するボイスレコーダーや携帯アプリでの録音機、電話には録音機能が必要ですね。(←警察にも録音してて!と言われました。後から証拠として残せるからとのこと)


最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログは交通事故を専門としている特化ブログではなく育児ブログを専門としています。また弁護士や専門者ではなく、一般人が実際に起きた経験をもとに、率直に編集した記事になります。なので、一例として参考にしてくださいね。

おしまーい╰(*´︶`*)╯

警察官のお話だと、チャイルドシートは交通事故に破損することがないアップリカがおススメなんだってヾ(≧∀≦☆)
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事