奇形や裏返り・キズがある椿の新葉は治るの?-その後の生育記録-

椿の新葉は春先に芽吹きますが涼しくなった秋口に出た新葉を観察すると、葉が裏返っていました。それからもう一枚の新葉は茶色のギザギザ模様のキズがありました。幼い苗木は少しでも葉を残して成長をよくしたいものです。葉の裏返りは元に戻り、キズがある新葉は大人の葉のように大きく成長できるのかの経過記録(写真添付)をご紹介します。

スポンサーリンク

葉の裏返り

症状

黄緑色で柔らかそうな新葉が出てきましたが、裏返っていました。そね返っているという意味合いでも通じそうな葉の形です。海で船が転覆しているようなイメージを浮かばせる外観です。
冬の寒さや北風で若葉が傷まず、親葉のように濃くしっかりとした葉に育つのかその後の生育過程をみていきます。

経過

朝一確認できていたそね返っている新葉は夕方にはそね返りや裏がっているという症状はなく通常の葉の向きに治っていました。

(*横から撮影)

 

1日で普通の葉の形状に戻っていたので、いらぬ心配でした(-_-;)
記事にする必要あるかな・・・
(けど、裏返っている時は焦ったんだよね)

ということで、もう少し裏返りが治った葉の行方を観察してみます。

 

心配することなく通常通り生育していました。秋口の冷え込みにも新葉は枯れることなく親葉と同じ大きさに育ち、色味も少しずつ濃くなり、手で摘まんだ葉の感触も硬めになりしっかりしてました。

対処

葉の裏返り・そね返りは1日で通常の葉に戻るため、特に対処しなくてよいという結果になりました。

葉のキズ

症状

ちょこんと顔を出している小さな葉を見てみると、葉にキズがありました。葉の表面だけを虫に食べられたような症状です。キズができた箇所を葉が自分の力で防ごうとしたのか、一部の面積が茶色くなりギザギザ模様がついていました。少しばかり葉がぼこぼこしているかなという感じです。葉の色は新葉の黄緑色ですが、枝本に向かうにつれて少し色がグラデーション仕様のように変化しています。手で触った感触は、少し硬め(乾燥気味)でいつも出てくる新葉と比べると、力がなさそうでした。
キズがある小さな新葉でも葉が大きく成長するならそのまま放置して様子を見てもいいかなと思い、その葉を残したまま経過をみていくことにしました。椿は常陽樹なので少しでも葉を残しておいてあげたい。

経過

キズがついた葉の成長を日々、見守ることに。秋(11月)から約4か月後の年が明けた3月に至っても、キズがついた葉は小さいサイズのままで大きく成長していませんでした。開花が終わり春に向けて他の新葉がでてきました。これは生育サイクルに似合った新葉ですね。

対処

新葉が小さい頃にキズがつくと、その後は生育がストップして親葉のように大きく正常な葉を形成することができませんでした。なので、手でピンチして取り除きました。

スポンサーリンク

最後に(まとめ)

記事タイトル通り「奇形や裏返り・キズがある椿の新葉は治るの?」の回答ですが、葉の裏返りは1日で正常な形状に治り、キズがある葉はそのままの状態で4か月経過しても葉が大きくならず小さいままで生育がストップし捨葉となりました。

葉に異常を見つけたら、細菌性による病気でない限り様子を見ましょう。亜鉛(Zn)・カリ(K)などのミネラルが不足している場合もあり、過剰に症状がでることはないので見落としがちになりますが、樹木が元気であるので葉1枚程度であれば樹木の生育に大きな影響を与えることがないと判断できます。外観が気になるかもしれませんが、その症状も椿らしさの特徴を味わう意味では面白みがある成長を楽しむことができますよ。

おしまーい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめ記事