ごめんねを強制しないで!子どもから謝る育て方はママにある

元気いっぱいで自我が強くなるとわがままもたくさん言っちゃう2歳児。だけど、ちょっとだけママ達は温かく見守ってあげよう。というお話をしたいなぁと思いこの記事を書きました。

パパの活躍はこちらの記事からどうぞ。

大丈夫だよ。
子どもはママから注意されたら悪いことをしたって自覚しているから。
スポンサーリンク

悪いことをしたって子どもは分かっている

ママとパパと娘ちゃんでお風呂に入っている我が家。浴槽にはたくさんおもちゃが浮かんでいます(笑)ぷかぷか浮いているおもちゃを握ったり噛んだり、時には振り回したり、たまにはポイっと投げてみたり。遊んでいて可愛い姿なんだけど、2歳児になると力も強くなっているんだよね。ある時、娘ちゃんが桶を持って、お湯をついでは流してと繰り返していたんです。

すると、ゴンっ。

旦那様の顎に桶がぶつかってしまい「あっ。痛ぃ。」と旦那様がとっさに言ったのです。娘ちゃんは、その顎を見ながら動きがストップしてしました。「ごめんなさい。」っと自分から言えるかなとママとパパ達は見ていたけど、動きが止まったまま立ちすくんでいました。

自分から謝るには、まだちょっと早かったみたい。だけど、顔の表情から、自分の行動でパパが痛がって泣いている・・・悲しんでいる。って分かっている様子なんです。

パパはあまり痛くはないけど、一生懸命に泣いているふりを継続中。
↑ ↑ ↑ ↑
痛くはないと思うんだけど、娘ちゃんの躾の一環として泣いてもらっているんです。泣くことで子どもに「パパは泣くほど痛い思いをしてしまっているんだ。その原因は私が振り回していた桶が当たってしまって痛い思いをさせてちゃったから」と分かってもらうためなんです。

言われると謝れない

ママが「ごめんなさい」って言おうね。っと娘ちゃんに言っても黙ったまま。だけど、顔の表情から悪いことしちゃったって分かっているので、「それじゃ、パパが痛いって言ったところをなぜなぜしてあげよう」っとママが撫でている様子を見せながら伝えても黙ったまま手をぶら~んと下げたまま。パパは一生懸命泣いたふりを継続中。だけど、娘ちゃんはまだ「ごめんなさい」と言い出せない様子。「それなら、仲直りのぎゅっ。」しようっていうけど、娘ちゃんがまだ黙ったまま。

だけど、悪いことしちゃったって分かっている娘ちゃん。

あれこれ、あれこれ1分ぐらい経った感じ。短いようで娘ちゃんには長い時間なので、この話は終わり。

「一緒にお風呂に入ろう」と娘ちゃんに切り出すと、また遊び始めました。今度はちょっと静かに遊んでいる感じ。

スポンサーリンク

謝りたい気持ちをずーと思ってる

お風呂から上がって、娘ちゃんの髪の毛や体をふいていると、いつもながら娘ちゃんはお先にお風呂場から出て行きます。

娘ちゃんが一人でリビングにトコトコ小走りして行ったので旦那様がその後をついていくと「ごめんなさい。」と、後ろにいる旦那様に謝ったのです。もちろん、小走り中なのでパパに面と向かって伝えたわけじゃないんだよね。バトンレース中に謝っている感じ。そして、旦那さんが「ありがとう。」と娘ちゃんを抱っこしながら伝えると、娘ちゃんが「パパ。どこ、痛いの?大丈夫?」と旦那様の顎をなでなでしてくれたのです。

そして、仲直りのぎゅぅ~とハグをすることができたのです。

素直になれない年ごろであることを分かってあげよう

2歳になると悪いことをしたら「ごめんなさい」と言えるように躾をし始める頃ですが、まだまだ素直にその場で謝ることができない時だってあります。ママは神経質にならないで今回はまだごめんさいが言えなかったんだね。今度は言えるといいなぁ~と思って様子をみてもいいかもですね。少し時間が経ったり、なにげない場面で子どもの方から「ごめんなさい」って言ってくることもありますよ。子どもはまだ素直になれないことが多いので、雁字搦めに怒ったり、謝ることができなかったらと何かを取り上げたり、何かをさせなかったりとしないで、ごめんなさいと言えないことをママは受け止めてがあげることが大切ですね。だって、これから謝らないといけない場面はたくさんあるんですからね。

子どもは悪いことをしたって分かっているんだもの。

注意をしてどうして悪かったのか、そしてその後どうしたらいいのかを伝えても素直になれないのは当たり前。まだ子どもなんですから。だから、まずはその気持ちをちゃんと感じ取って受け止めてあげることが子どもと上手に向き合う最初の一歩ですね。

大丈夫。子どもは悪いことしたって自覚していますから。
謝りたいけど、まだ素直に謝れないんです。

そこで、ちゃんと素直に謝れたらすでに大人みたいですね(笑)

おしまい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事