紫陽花のよい樹形とは?-株立性低木の特徴から分かる剪定法-

剪定をする時に、樹形をイメージして枝を切り詰めますが、紫陽花がもつ本来の樹形はどんな姿なのでしょうか?植物にも持って生まれた遺伝子があり、そのメカニズムに沿って育っていきます。今回は、紫陽花を剪定する上での理想な樹形、それに近づける剪定のポイント、樹木の特性をお伝えします。

スポンサーリンク

自然樹形

人の手が加わっていない紫陽花の樹形は、どれも同じような樹形をしています。その姿こそが、紫陽花本来の樹形であり、紫陽花がなりたがる樹形なんです。芽や葉の付き方などの違いで、樹種にとって特有の樹形(自然樹形)が決まっていてその姿になろうと芽を出し枝を伸ばして成長していきます。自然樹形には、円錐形(杉)、杯形(カエデ類)、卵形(モクレン)、球形(サクラ)、ほうき形(ムクゲ)、不定形(梅やオリーブ)、株立ち(椿)、枝垂れ樹形(枝垂桜、枝垂れ紅葉)、木立性低木(ツツジ、ロウバイ)、株立性低木(ボケ、ナンテン、クチナシ)などの分類がある中で、紫陽花は株立性低木の分類です。

株立性低木とは

紫陽花は草花ではなく樹木で、さらに低木に位置づけられています。樹高による学問的な木の分類における定義はありませんが、一般的に1~3mに成長する樹木を低木としています。さらに低木には2種類の分類があり、木立性と株立性で、総じて紫陽花は株立性低木です。株立性(株立ち樹形)とは、幹(主枝)が1本ではなく、複数本立っている樹形のこと。

株立性低木の特性は、枝の寿命が短く、ある程度太くなり時を経ると枯れてしまいます。そして、次の新しい枝にバトンタッチをし枝を更新していき、株自体が生き続ける性質です。

株立ち樹形は複数本の幹(主枝)が立っています。複数本の具体的な本数は3本以上です。写真の紫陽花は株自体が2年生です。鉢植えより地植えにした方が、落葉後に株立ち樹形になっていることが確認できます。株立ち樹形は主枝をひとまとまりと考え1本の幹と見立て、不要な枝を見極めて剪定していきます。内側に向かう枝や隣合う枝などを切り、外側に広がる枝を残します。
冬は藁を引いています

地際から新しい枝となる冬芽(萌芽)が出ています。木質化した古枝の先端にも冬芽がついていますが、冬になると株元に萌芽を形成し環境条件が揃うと芽吹き若い主幹を形成します。

  

どうしてこの枝を切るの?の根拠

剪定で「樹形を考えて切る」と言われています。剪定の格言みたいなものですね(^^;

つまり紫陽花らしい樹形となるように、紫陽花の自然樹形を意識して、それを崩さないように剪定をしてあげてね!ということです。紫陽花本来の自然樹形を崩して剪定してしまうと、樹木は自然樹形になろう脇芽を出したり枝を伸ばしたりしますので、不要な枝や細い枝、暴れ枝が増えてしまい樹形を乱してしまいます。

紫陽花は花後と落葉後の2回、剪定をします。
花後は、紫陽花は自ら花を落とすことができないので、「花を落とし、芽分化を促す」目的で剪定をします。花後の剪定では紫陽花らしい樹形を維持するためではないんですよね。

落葉後の冬は、花後の剪定でできなかった、紫陽花本来の樹形に似合うように不要な枝を剪定したり、枝を更新するための剪定を行います。

冬は休眠期でもあり地際から新しい枝の芽もでているので、すべての枝を地際から剪定する強剪定をすることもできます。これも、枯れ枝、古枝を地際で切って枝を更新することができる株立性(株立ち樹形)の特性を使っていることが分かりますね。

紫陽花らしい姿になる剪定法のポイント・根拠
①株立性低木の特性を知る
⇒紫陽花の自然樹形に近づけるように剪定をすることで、樹形を整え、伸びた枝が原因で暴れ木にさせないため。
②複数本の主幹をひとまとまりと考え1本の幹とみなし剪定する
③内側に向かう枝を剪定する
④枝の寿命が短いため、地際から萌芽がでて枝を更新する
⇒古い木質化した枝は根本から剪定してよい。主幹は寿命が短く、更新されながら株を生きながらせているため
スポンサーリンク

最後に(まとめ)

剪定をする時は、紫陽花らしさ、つまり紫陽花の自然樹形を理解して剪定することで樹形を整えていくことが大切です。

紫陽花を剪定する時は3つの理由があると考えられています。

剪定の一番の目的は、紫陽花の樹形を整え株の寿命を長く維持し適した生育を促すことです。剪定は人の手が行いますが、紫陽花本来の樹形を大切にし、樹木を傷めない剪定ができるといいですね。

おしまーい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめ記事